Distance Vector Routing - Update Invalid Hold down Flush



 ◆ ディスタンスベクタ型ルーティングプロトコルのタイマー

 ディスタンスベクタ型のルーティングプロトコル(RIP)には4種類のタイマーがあります。

4種類のタイマー 説明 RIPタイマー
Update

 定期的なルーティングアップデートの送信間隔。ルーティングアップデートの送信時に
 このタイマーは0秒にセットされる。そしてタイマーがまた30秒に達した時、ルーティング
 アップデートが再度送信される。Updateタイマーは、この動作を繰り返し行い続ける。

30秒
Invalid

 ルーティングアップデートを最後に受信してから、あるルートが無効であると認識する
 までの時間。ルーティングアップデートを受信するたびに、この無効タイマーが0秒に
 セットされる。ルーティングアップデートを受信できない時間が180秒に達すると、受信
 できなかったあるルートは無効(Invalid)だと認識されて、Hold downタイマーが起動する。

180秒
Hold down

 ある経路がダウンしたことを示すアップデートを受信した時、その経路情報を誤って
 再登録しないように、その経路情報がダウンしたことを全てのルータが認識できるよう
 するための待ち時間。無効タイマーが上限(180秒)に達した時か、ルートポイズニング
 などの到達不能を示すメトリック値(ホップ数16)の経路情報を受信した時に起動する。

180秒
Flush

 ルーティングアップデートにより受信した経路情報をルーティングテーブルに保持できる
 時間。Flushタイマーが上限(240秒)に達した時、受信できなかった経路はルーティング
 テーブルから削除される。FlushタイマーはInvalidタイマーと同時に起動して、Invalidの
 タイマーと同様にルーティングアップデートを受信するとタイマーは0秒にセットされる。

240秒


 下図は、正常に動作している時の状態です。定期的に30秒ごとにルーティングアップデートを隣接ルータに
 送信するので、それを受信したルータはその都度、InvalidタイマーとFlushタイマーが 0 秒にセットされます。
 そのため、正常時ではInvalidタイマーが上限に達しない(180秒に達しない)のでHold downタイマーが起動
 したりすることはありませんし、Flushタイマーが上限に達しない(240秒に達しな)ので経路は削除されません。



    





 一方、下図は何かの理由により180秒の間、R1からR2にルーティングアップデートが送信されなかった結果、
 Invalidタイマーが上限(180秒)に達して [ 192.168.1.0/24 ] の経路に対し、Hold downタイマーが180秒間
 R2で起動します。※ルートポイズニングを受信した場合は、Invalidタイマーが上限に達しなくてもHold down
 タイマーは起動します。Hold downタイマーの起動が終了すると [ 192.168.1.0/24 ] の経路が削除されます。


    



 上図のようにInvalidタイマーが起動してから180秒経過してHold downタイマーが起動した場合、Hold down
 タイマーの180秒間が終了する前にFlushタイマーが先に終了することから、このFlushタイマーの終了によって
 Hold downタイマーは解除され、ルーティングテーブルからも 192.168.0.0/24 が削除されることになります。
 
※ Invalidタイマー(180秒)+ Hold downタイマー(180秒)の合計360秒より、Flushタイマーの240秒の方が早く終了するから。


      



 これらの内容はRIPの仕様上の解説です。ネットワーク機器のメーカーは、これらのRIPの仕様にしたがって
 ソフトウェア上にRIPをプログラミングしますが、仕様に影響を与えないレベルで最適化して実装させる場合
 が多いです。それゆえに、ここで解説した内容と実際のネットワーク機器は異なる動作をすることがあります。



ディスタンスベクタ型ルーティング - RIP

ネットワークエンジニアとして

Copyright (C) 2002-2018 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.