EIGRP - neighbor by unicast



 ◆ EIGRP - 静的なEIGRPネイバーの指定

 EIGRPのHelloパケットは「224.0.0.10」のマルチキャストアドレスにより送信されますが、紹介する
 neighborコマンドを使用することで、その設定対象インターフェースからはマルチキャストの送受信が
 なくなり、EIGRPパケットを指定した
ユニキャストアドレスでのみ送信されるようになります。

 
◆ EIGRP - neighborの設定
 (config)# router eigrp as-number
 (config-router)#
neighbor ip-address interface-id

コマンド引数 説明
ip-address

 EIGRPネイバーのインターフェース設定されているIPアドレスを設定

interface-id  EIGRPパケットをユニキャストでのみ送受信させるインターフェースを設定


 ◆ 設定例 : G0/0において、EIGRPネイバーである 192.168.0.2 へはユニキャストでEIGRPパケット送信


 R1(config) #
router eigrp 10
 R1(config-router) # neighbor 192.168.0.2 GigabitEthernet0/0


 ◆ 設定例 : G0/0において、EIGRPネイバーである 192.168.0.1 へはユニキャストでEIGRPパケット送信


 R2(config) # router eigrp 10
 R2(config-router) # neighbor 192.168.0.1 GigabitEthernet0/0


 ユニキャストを使用した静的なEIGRPネイバーの確立は、EIGRPネイバーを形成する両方のルータが同士が
 お互いにネイバーのIPアドレスを指定する必要があり、一方だけで指定してもネイバーを確立できません。
 なお、このような設定が企業ネットワークで実装されることは基本的にありません。CCIEラボ試験において
 設定要件のなかで「マルチキャストを使用せずにEIGRPネイバーを確立すること」がある場合に使用します。



EIGRP - コンフィグ設定:応用

ネットワークエンジニアとして

Copyright (C) 2002-2019 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.