EIGRP - Stub



 ◆ EIGRP - スタブの動作

 EIGRPスタブの設定は一般的にハブアンドスポークの構成で使用されて、
設定はスポーク側で行います。
 EIGRPスタブの設定をすると、ハブ側からスポーク側にはEIGRPクエリパケットを送信しなくなります。
 スポーク側のEIGRPルータにとって、ダウンストリーム側( 下り側 )にEIGRPネイバーがいない場合は
 ハブ側からクエリをもらう必要はないことからも、スタブの設定をすることで、無駄なクエリパケットを
 抑制できることから、ネットワークの安定性の向上、リソースの使用率の減少を実現することができます。


  


 ◆ EIGRP - スタブの設定

 EIGRPスタブの動作はオプション設定により異なります。これらのオプション設定は組み合わせて使用する
 ことができますが「receive-only」オプションは、他のオプション設定と組み合わせることはできません。

 ◆ EIGRPスタブの設定
 (config)# router eigrp as-number
 (config-router)#
eigrp stub
[ receive-only | connected | static | summary | redistributed ]

コマンド引数 説明
receive-only

 スタブルータは、自身の持つ全ての経路情報を送信しなくなり、ハブルータから経路を受信する
 だけとなる。その他のオプションコマンドと併用することはできない。

connected

 スタブルータは、connectedルートをハブルータに送信できるようになる。デフォルトで有効。

static  スタブルータは、スタティックルートをハブルータに送信できるようになる。
summary

 スタブルータは、集約ルートをハブルータに送信できるようになる。デフォルトで有効なオプション。
 スタブルータで手動集約された集約ルートか、自動集約された集約ルートが送信されるようになる。

redistributed

 スタブルータは、EIGRPネットワークに再配布されたルートを送信するようになる。


 ◆ 設定例1 
eigrp stub
 ⇒ connectedルートとsummaryルートだけをアドバタイズする設定

 ◆ 設定例2 eigrp stub connected static
 ⇒ connectedルートとstaticルートだけがアドバタイズする設定( summaryルートは通知しない )

 ◆ 設定例3 eigrp stub receive-only
 ⇒ ハブルータから経路情報を受信するだけとなり、connected、static、summaryルート等は通知しない。



EIGRP - コンフィグ設定:応用

ネットワークエンジニアとして

Copyright (C) 2002-2019 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.