EIGRP - Successor / Feasible Successor / AD / FD



 ◆ EIGRP - サクセサとフィージブルサクセサ

 EIGRPでは高速収束の実現のために、DUAL(Diffusing Update Algorithm)というアルゴリズムを使用します。
 DUALは受信したUpdateパケット(経路情報)の複合メトリックに基づいて計算して、ある宛先への最適な経路
 を計算します。その結果、最適ルートであるプライマリールート(= サクセサ)をルーティングテーブルに保存
 して、ループフリーであるバックアップルート(= フィージブルサクセサ)をトポロジーテーブルへ保存します。

EIGRP - DUAL用語 英語表記 説明
サクセサ  S : Successor  プライマリールート。ルーティングテーブルに格納。最小のFDの経路。
フィージブルサクセサ  F : Feasible Successor  バックアップルート。サクセサのダウン時に即サクセサとなるルート。
アドバタイズドディスタンス  AD : Advertised Distance  ネイバールータから宛先ネットワークまでのメトリック値。
フィージブルディスタンス  FD : Feasible Distance  ローカルルータから宛先ネットワークまでのメトリック値。



     


 ◆ EIGRP - サクセサとフィージブルサクセサの選択

 ルーティングテーブルに格納される最適ルート (サクセサ) は、トポロジテーブルで最小のFDを持つルートです。
 従って、下図では2000、3000、4000を比較すると 2000 が最小なのでR2経由のルートがサクセサになります。

 サクセサのバックアップルート (フィージブルサクセサ) になれるのはサクセサのFD (2000) よりも小さいAD
 を持つルートです。R3経由のルートはADが1000、R4経由のルートはADが3000なので、R3経由のルートのみ
 フィージブルサクセサになれます。サクセサがダウンするとフィージブルサクセサがサクセサに切り替わります。


   



EIGRP - コンフィグ設定

ネットワークエンジニアとして

Copyright (C) 2002-2019 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.