EIGRP - show ip protocols / show ip eigrp interfaces



 ◆ EIGRP - ステータス確認方法

 下図設定を前提に、この状態のEIGRP関連のshowコマンドのステータス確認方法を紹介します。


  


 ◆ EIGRP - show ip protocols

 現在起動中のルーティングプロトコルのステータスは show ip protocols で確認できます。

    

項番 説明
@  起動しているルーティングプロトコルがEIGRPのAS 1 であることを表示。
A

 複合メトリックのうちどのメトリックを使用するかのK値の情報。0 = 未使用、1 = 使用。
 ◇ K1(帯域幅)=1  K2(負荷)=0  K3(遅延)=1  K4(信頼性)=0  K5(MTU)=0。

B

 EIGRPは、拡張ディスタンスベクタ型プロトコルでありホップ数制限がある。デフォルトで100、最大で255。

C

 EIGRPで、等コストロードバランシングを実施するか、不等コストロードバランシングを実施するかのパラメータ。
 ◇ variance 1 = 等コストロードバランシング  variance 2 以上 = 不等ロードバランシング

D

 自動経路集約が有効であることを示す。
 ◇ 自動経路集約をする  ⇒ Automatic Summarization: enabled ( EIGRPの設定はauto-summary )
 ◇ 自動経路集約をしない ⇒ Automatic Summarization: disabled ( EIGRPの設定はno auto-summary )

E  ロードバランシング可能な最大数。デフォルトで 4、最大 16
F  EIGRPのnetworkコマンドで有効化されたインターフェースにおいて、通知されるネットワークの情報。
G  EIGRPでルート情報をやりとりしているネクストホップルータのIPアドレス。
H  このルータのAD値。EIGRPのAD値は、内部EIGRPが 90、外部EIGRPが 170


 ◆ EIGRP - show ip eigrp interfaces

 EIGRPが有効化されたインターフェースでのEIGRPのトラフィック情報の詳細は show ip eigrp interfaces で
 確認できます。EIGRPの有効化されたインターフェース、ネイバー数、キューの情報などが詳細に分かります。

 

項番 説明
@  EIGRPを有効化したインターフェースの一覧。
A

 インターフェースごとのEIGRPのネイバー数。

B  送信キューにおいてUnrelaiable / Reliableキューに残っているパケット数。 0 が正常(トラフィックが混在していない)
C  全てのEIGRPネイバールータに対するSRTT(Smoothed Round Trip Time)の平均間隔。単位:ミリ秒
D  Unrelaiableパケット(Hello, Ack)、Relaiableパケット (Query、Reply, Update)送信後に待機する時間。単位:ミリ秒
E  EIGRPネイバールータから、マルチキャストパケットの確認応答を待機する時間。単位:ミリ秒
F  送信キューにおいて、Updateパケットの送信を待機しているルート数。0 が正常( = トラフィック混在していない)。

 ※ EIGRP SRTT is the average time that it takes for a reliable packet to be acknowledged.




 ◆ EIGRP - show ip eigrp traffic

 EIGRPの送受信された各種パケット数は show ip eigrp traffic コマンドで確認できます。

    

項番 説明
@  送受信されたHelloパケットの数
A  送受信されたUpdateパケットの数
B  送受信されたQueryパケットの数
C  送受信されたReplyパケットの数
D  送受信されたAckパケットの数



EIGRP - コンフィグ設定

ネットワークエンジニアとして

Copyright (C) 2002-2020 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.