EIGRP - show ip eigrp neighbors / show ip eigrp topology



 ◆ EIGRP - ステータス確認方法 その2

 下図の設定を前提に、この状態のEIGRP関連のshowコマンドのステータス確認方法を紹介します。


  



 ◆ EIGRP - show ip eigrp neighbors

 EIGRPのネイバーテーブルのステータスは、show ip eigrp neighbors コマンドで確認できます。

 

項番 説明
@  ネイバールータごとに割り当てられるCisco IOS内部で使用する値。
A

 ネイバールータのIPアドレス。

B  ネイバールータと接続している自身のインターフェース。
C  ホールドタイマー。ネイバールータをダウンとみなすまでの時間。単位:秒。
D  ネイバー確立からの経過時間。
E  ネイバールータにEIGRPパケットを送信してから、ACKを受信するまでにかかる平均時間。単位:ミリ秒
F  ネイバールータにEIGRPパケットを再送信するまでにACKを待つ時間。単位:ミリ秒
G  送信キューに格納されているEIGRPのパケット数。0 が正常( = トラフィックが混在していない)。
H  ネイバールータから受信した最後のEIGRPパケットのシーケンス番号。


 ◆ EIGRP - show ip eigrp topology

 EIGRPのトポロジーテーブルのステータスは、show ip eigrp topology コマンドにより確認できます。なお
 show ip eigrp topology で確認できるのはサクセサとフィージブルサクセサのルート情報のみとなりますが、
 show ip eigrp topology all-links コマンドはネイバールータから受信した全てのルート情報を確認できます。


    

項番 内容 説明
@ P

 ルートの状態を示すコード。 P - Passive、A - Active、U - Update、Q - Query、R - Reply
 
P : ルート情報がEIGRPの計算中ではないことを示すコード。
 
A : ルート情報がEIGRPの計算中であることを示すコード。
 
U : Updateパケットがこの宛先へ送信されたことを示すコード。
 
Q : Queryパケットがこの宛先へ送信されたことを示すコード。
 
R : Replyパケットがこの宛先へ送信されたことを示すコード。

A 192.168.3.0/24

 宛先ネットワーク / プレフィックス

B 1 successors  サクセサのルート数。この例では1つのサクセサがあることを示す。
C FD is 33280  サクセサのルートのFD値。
D via 192.168.1.2  宛先ネットワークに対するネクストホップのIPアドレス。直接接続の場合 ⇒ via Connected
E 33280  FD値。このルータから宛先までの複合メトリック値。
F 30720  AD値。ネイバールータから宛先までの複合メトリック値。
G FastEthernet1  ルート情報が学習されたインターフェース。




 ◆ EIGRP - show ip route

 EIGRPのルーティングーテーブルのステータスは、show ip route で確認できます。

 

項番 説明
@  ルートの情報源。「D」であることからEIGRPにより宛先ルートを得たことが分かる。
A  宛先ネットワーク。
B  アドミニストレーティブディスタンス。EIGRPの場合はAD値は内部ルートの場合は 90。
C  メトリック値。宛先ネットワークまでのFD値。
D  ネクストホップアドレス。
E  宛先ルートを受信してから経過時間。
F  宛先ネットワークに転送するための出力インターフェース。


 ◆ EIGRP - debug ip eigrp

 debug ip eigrp コマンドにより、EIGRPルータの
EIGRPパケットの送信、受信の状態を確認できます。
 ここでは、冒頭の構成図のR1のFastEthernet 1をリンクアップした際のR1とR2のネイバー関係の確立を
 R1にコンソール接続して確認します。以下内容は、コンソール接続してTera Termに出力された結果です。


 R1# debug ip eigrp
 IP-EIGRP Route Events debugging is on
 R1#
 05:13:14: %DUAL-5-NBRCHANGE: IP-EIGRP(0) 1: Neighbor 192.168.1.2 (FastEthernet1) is up: new adjacency
 ⇒ ネイバー関係の確立を示すメッセージ

 05:13:14: IP-EIGRP: 192.168.0.0/24 - do advertise out FastEthernet1
 ⇒ このルータがFastEthernet 1 から 192.168.0.0/24 のネットワークをアドバタイズ

 05:13:14: IP-EIGRP: Int 192.168.0.0/24 metric 28160 - 25600 2560
 ⇒ 「Int」はEIGRP内部ルート、「Ext」はEIGRP外部ルートを示す。
 ⇒ 192.168.0.0/24のメトリック値は28160、最小帯域幅は25600、遅延は2560。

 05:13:16: IP-EIGRP: Processing incoming UPDATE packet
 ⇒ ネイバールータからUpdateパケットを受信したことを示すメッセージ。

 05:13:16: %LINEPROTO-5-UPDOWN: Line protocol on Interface FastEthernet1, changed state to up
 05:13:19: IP-EIGRP: Processing incoming UPDATE packet
 05:13:19: IP-EIGRP: Int 192.168.2.0/24 M 30720 - 25600 5120 SM 28160 - 25600 2560
 ⇒ 「M」以降はこのルータから宛先ネットワークまでの FD (25600+5120の合計値)を示す。
 ⇒ 「SM」以降は AD (25600 2560の合計値) を示す。

 05:13:19: IP-EIGRP: route installed for 192.168.2.0 ()
 ⇒ 192.168.2.0/24 の宛先ネットワークがルーティングテーブルに学習されたことを示す。

 05:13:19: IP-EIGRP: Int 192.168.3.0/24 M 33280 - 25600 7680 SM 30720 - 25600 5120
 05:13:19: IP-EIGRP: route installed for 192.168.3.0 ()
 05:13:19: IP-EIGRP: 192.168.0.0/24 - do advertise out FastEthernet1
 05:13:19: IP-EIGRP: Int 192.168.0.0/24 metric 28160 - 25600 2560
 05:13:19: IP-EIGRP: Processing incoming UPDATE packet
 05:13:19: IP-EIGRP: Int 192.168.1.0/24 M 4294967295 - 25600 4294967295 SM 4294967295 - 25600 4294967295
 05:13:19: IP-EIGRP: Processing incoming UPDATE packet
 05:13:19: IP-EIGRP: Int 192.168.0.0/24 M 4294967295 - 25600 4294967295 SM 4294967295 - 25600 4294967295
 05:13:19: IP-EIGRP: Processing incoming UPDATE packet
 05:13:19: IP-EIGRP: Int 192.168.2.0/24 M 30720 - 25600 5120 SM 28160 - 25600 2560
 05:13:19: IP-EIGRP: Int 192.168.3.0/24 M 33280 - 25600 7680 SM 30720 - 25600 5120
 05:13:19: IP-EIGRP: 192.168.0.0/24 - do advertise out FastEthernet1
 05:13:19: IP-EIGRP: Int 192.168.0.0/24 metric 28160 - 25600 2560



EIGRP - コンフィグ設定

ネットワークエンジニアとして

Copyright (C) 2002-2020 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.