EIGRP - auto-summary / no auto-summary



 ◆ EIGRP - 自動経路集約

 EIGRPとRIPv2は、手動経路集約と自動経路集約をサポートしています。OSPFは、手動経路集約のみサポート。
 EIGRPでは、デフォルトで自動経路集約 (auto-summary) が有効になっており下図の動作を行います。下図の
 とおり、クラスフルネットワークの境界に配置されたEIGRPルータで自動経路集約が行われることになります。
 ※ 自動経路集約(auto-summary)の設定は、Cisco
IOS 15.x よりデフォルトで無効化の状態となりました。

 
◆ 自動経路集約の有効 - 設定
 (config-router)#
auto-summary


   


 一方、自動経路集約を無効化した場合の動作は以下の通りです。クラスフルネットワークの境界ルータで
 経路情報は集約されず、172.16.0.0/16 と 172.17.0.0/16のサブネットが、そのまま「/24」として通知。
 ※ Cisco IOS 15.x 以降より、以下の no auto-summary がデフォルトの設定状態になっています。


 
◆ 自動経路集約の無効 - 設定
 (config-router)#
no auto-summary


  



EIGRP - コンフィグ設定

ネットワークエンジニアとして

Copyright (C) 2002-2020 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.