EIGRP - passive-interface



 ◆ EIGRP - ルーティングアップデート送信の制御 その1

 EIGRPでは定期的にHelloパケットを隣接ルータに送信しますが、隣接ルータがいるいないに関係なく、Hello
 パケットはEIGRPが有効化されたインターフェースから送信されます。下図のように「R1」や「R3」では
 PC側ネットワーク( 192.168.0.0/24 と 172.16.0.0/16 )も経路情報として伝えるためにnetworkコマンド
 で設定する必要がありますが、PC側のネットワークに隣接ルータがいない場合は、ルーティングアップデート
 の送信は必要ありません。そこで
passive-interface コマンドを使用することにより、特定のI/Fからのアップ
 デートを停止することができます。

 
◆ アップデート送信の制御 - 設定
 (config-router)#
passive-interface interface

コマンド引数 説明
interface


 ルーティングプロトコルのルーティングアップデートやHelloパケットの送信をストップさせたい
 インターフェースを指定する。GigabitEthernet 0/0 から送信しないようにする設定例は以下。

 (config)# router eigrp 1
 (config-router)#
passive-interface GigabitEthernet0/0


  


 ちなみに、
passive-interface defaultと設定することで全てのインターフェースでpassive-interfaceが有効
 になります。例えば、L3スイッチでは多くのinterfaceでpassive-interfaceを適用させたく、EIGRPネイバー
 を確立するI/Fだけはpassive-interfaceを適用したくないケースが多いです。そのような場合に使用されます。

 ◆ 設定例 : interface vlan 100を除いた全てのinterface vlanでpassive-interfaceを適用

 Catalyst(config) # router eigrp 10
 Catalyst(config-router) # passive-interface default
 Catalyst(config-router) # no passive-interface Vlan100




 ◆ 参考:EIGRP - distribute-listによる制御

 EIGRPが有効なインターフェースでpassive-interfaceを適用した場合、以下の3つの動作が適用されます。

 @ Helloパケットの送受信を行わない
 A ルーティングアップデートの送受信を行わない
 B passive-interfaceが適用されたI/Fのセグメントも、別のI/Fからはそのセグメント情報が通知される

 送信ルーティングアップデートだけを抑制して、着信アップデートの受信を継続(ネイバー関係を維持)
 したい場合は、passive-interfaceを使用するのではなく、distribute-listを使用することで実現できます。

 ◆ 設定例 : G0/0において、送信アップデートは抑制するが、着信アップデートの受信を行うための設定

 Cisco(config) #
access-list 1 deny any any

 Cisco(config) # router eigrp 10
 Cisco(config-router) # distribute-list 1 out GigabitEthernet0/0




EIGRP - コンフィグ設定

ネットワークエンジニアとして

Copyright (C) 2002-2018 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.