Ethernet LAN - Straight Cable / Cross Cable



 ◆ UTPケーブルの種類 - ストレートケーブルとクロスケーブル

 UTPケーブルには、
ストレートケーブルクロスケーブルの2種類があります。外観は似ていますが
 ストレートケーブルはケーブル内の銅線が途中で交差せずケーブル両端で同じピン配列になっており、
 クロスケーブルはケーブル内の銅線が途中で交差しておりケーブル両端で異なるピン配列となります。
 従って、LANケーブルのRJ45コネクタの先端をみれば、ストレートかクロスケーブルか判別できます。

  


 100Base-TXと1000Base-Tとでは、ストレートは同じですが、クロスケーブルのピン配列は異なります。


  



 LAN接続で、ストレートケーブルまたはクロスケーブルのどちらを使用するかは、ケーブルを接続する
 機器の組み合わせで決まります。例えば、PCとスイッチとを接続する場合はストレートケーブルを使用し
 PCとPCを接続する場合はクロスケーブルを使用します。なぜ、ストレート(クロス) なのかを説明します。

 Ethernet機器のポート2つのタイプがあります。MDI (Medium Dependent Interface) とMDI-Xです。
 MDIは送信用にピン「 1, 2 」、受信用にピン「 3, 6 」を割り当てられたポート。PC、ルータ等が該当。
 MDI-Xは送信用にピン「 3, 6 」、受信用にピン「 1, 2 」を割り当てられたポート。スイッチ等が該当。
 ネットワーク通信を行うためには、送信用ピンで送信した信号が、接続先の受信用ピンで受信する必要が
 あり、MDIとMDI-Xの接続はストレート、MDI同士、MDI-X同士の接続はクロスケーブルを使用します。


    


 最近は、接続先のポートタイプ (MDI or MDI-X) を自動判別し、ストレート、クロスケーブルに関係なく
 相互接続できるようにする AutoMDI/MDI-X機能 をサポートするスイッチなどが非常に増えてきています。


 ◆ ストレートケーブルとクロスケーブルの接続例

 上述での解説どおり、ポートタイプが「 MDI 」であるデバイスは「 PC、ルータ 」などが該当します。
 また、ポートタイプが 「 MDI-X 」 であるデバイスは「スイッチ、リピータハブ、ONU」などが該当。
 そして、MDI と MDI-X のデバイス間の接続はストレートケーブルが使用され、MDI同士またはMDI-X
 同士のデバイス間の接続はクロスケーブルが使用されます。以下は、それぞれのケーブルの接続例です。


  



 下図で、ストレートケーブル、クロスケーブル、Serialケーブルがどこで使用されるのかを考えてみます。

  



イーサネット(Ethernet)LAN

ネットワークエンジニアとして

Copyright (C) 2002-2018 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.