VRRP - vrrp ip / priority / preempt



 ◆ VRRP - 基本設定

 以降で紹介するVRRPの設定は、VRRPグループ内のすべてのルータで設定する必要があります。先ずは、
 VRRPを有効化するL3インターフェースを指定して、VRRPグループ番号と仮想IPアドレスを設定します。
 L3インターフェースなので「L3スイッチのSVI」でも「ルーテッドポート」でも「ルータのI/F」でもOK。

 
◆ VRRPの有効化設定
 (config)# interface interface-id
 (config-if)#
vrrp group-number ip address

コマンド引数 説明
group-number

 VRRPグループを「 0 〜 255 」の中から任意整数を指定。

address


 仮想IPアドレスの設定。例えば、PCなどが指定するデフォルトゲートウェイのIPアドレスとなる。
 設定例:インターフェースVLAN「10」、VRRPグループ番号「10」、仮想IPアドレス「192.168.10.254」


 (config)#
interface vlan 10
 (config-if)# vrrp 10 ip 192.168.10.254




 ◆ VRRPのプライオリティ設定
 (config-if)#
vrrp group-number priority priority

コマンド引数 説明
group-number

 VRRPグループを「 0 〜 255 」の中から任意整数を指定。

priority


 VRRPのプライオリティ値を「1 〜 255」から指定。デフォルト値は「100」となる。VRRPグループ内で
 同じプライオリティ値である場合、最も大きいIPアドレスが持つルータがアクティブルータとなる。なお
 仮想IPアドレスに、物理インターフェースのIPアドレスを指定するとそのアドレスが設定されたルータの
 プライオリティが自動的に「255」となり、そのルータがマスタールータとなる。
 設定例:VRRPグループ番号「10」におけるプライオリティ値を「105」とする設定

 (config-if)# vrrp 10 priority 105


 VRRPの場合、デフォルトでプリエンプトが有効化されています。プリエンプトの考え方はHSRPと同じです。

 ◆ VRRPのプリエンプト設定
 (config-if)#
vrrp group-number preempt




 ◆ SW1 - コンフィグ設定

 SW1(config) #
interface vlan 5
 SW1(config-if) # ip address 172.16.5.1 255.255.255.0
 SW1(config-if) # vrrp 5 ip 172.16.5.1


 ◆ SW2 - コンフィグ設定

 SW2(config) #
interface vlan 5
 SW2(config-if) # ip address 172.16.5.2 255.255.255.0
 SW2(config-if) # vrrp 5 ip 172.16.5.1

 ※ マスタールータにするルータの物理I/FのIPアドレスを仮想IPアドレスにした場合、この設定例のように非常にシンプル。

 設定完了後は
show vrrp brief コマンドで、全てのVRRPグループの状態が一覧で確認してみましょう。



 ◆ VRRP - デフォルト値

機能 デフォルト値
 VRRPグループ  未設定
 仮想MACアドレス  0000.5e00.01XX
 VRRPプライオリティ  100
 スタンバイ遅延  0(遅延なし)
 インターフェイス プライオリティの追跡  10
 VRRPアドバタイズ Interval( Hello タイマー)  1
 VRRPマスタダウン Interval( Hold タイマー)  3
 VRRPプリエンプト  有効化



VRRPとは VRRP(アドバタイズタイマー、preempt delay、version、認証)設定

ネットワークエンジニアとして

Copyright (C) 2002-2019 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.