Proxy ARP



 ◆ Proxy ARP(プロキシARP)とは

 Proxy ARPとは、他のデバイス宛てのARP要求に対して、
本来の問い合わせ先に代わってARP応答する機能
 Proxy ARPはルータなどのL3デバイスで実装します。Proxy ARPはサブネット化されたネットワーク環境で
 サブネットマスクを認識しない旧式のホストが通信する時に、一般的に使用されていた機能ではありますが、
 現在では、サブネットを設定できない旧式ホストは存在せず、またサブネットを適正に実装することからも
 この観点でのProxy ARPの実装例は少なく、単に、
ARPの代理応答という観点で実装するケースがあります。



 ◆ Proxy ARP(プロキシARP)の説明 - サブネットを認識できない旧式ホストが存在するケース

 下図で、ホストAからBにパケットを送信する時、ホストAはネットワークアドレスを比較してホストBが同じ
 セグメントにいると判断して、デフォルトゲートウェイのアドレスへARP要求を行うのではなく、ホストBの
 IPアドレスにARP要求を行います。プロキシARPが有効な I/F を持つルータがこのARP要求を受信した場合、
 ホストBの代わりにプロキシARP応答パケットを送信します。その結果、下図においても、ホストAとBは同じ
 セグメントにいるような通信を行えます。Cisco機器では、プロキシARPはデフォルトで有効になっています。


   

 ◆ Proxy ARPの有効化( デフォルトで有効 )


 
Cisco(config)# interface gigabitEthernet 0/1
 Cisco(config-if)# ip proxy-arp



 ◆ 参考情報:ARP Request と ARP Reply パケットの中身


    



ARPリプライ(応答)してくれない時の3つの技

ネットワークエンジニアとして

Copyright (C) 2002-2018 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.