IP SLA Configuration - udp-jitter



 ◆ IP SLAを実行するルータについて

 RTT遅延、片方向遅延、片方向ジッタ、片方向パケロス、VoIPコーデックエミュレーションなどの測定を
 行うアクティブモニタリングとしてIP SLAを実装する場合、予算に余裕があればIP SLA SenderはIP SLA
 を実行するためだけのルータを用意することが推奨。このようなIP SLA Senderは
シャドウルータと呼ぶ。
 
※ 一方、IP SLAによるObject Trackingを行う場合、ユーザトラフィックを転送するWANルータをIP SLA Senderにします。



 ◆ IP SLAの設定例 - UDPジッタの測定

 
◆ IP SLA Senderの設定例

 
Cisco(config)# ip sla 1
 Cisco(config-ip-sla)# udp-jitter 172.16.0.1 16384 codec g711ulaw
 Cisco(config-ip-sla-jitter)# tos 160
 Cisco(config)# ip sla schedule 1 life forever start-time now


 UDPジッタを測定するための宛先IP 172.16.0.1、ポート番号 16384、コーデックタイプ g711ulaw を
 指定することでコーデックに応じたパケットが生成されます。コーデックごとの生成パケットは次の通り。

 
◆ コーデックごとに自動生成されるパケット
コーデック codec-interval codec-numpackets Payload
g711alaw 20ミリ秒 1000パケット 172byte ( 160 + 12 )
g711ulaw 20ミリ秒 1000パケット 172byte ( 160 + 12 )
g729a 20ミリ秒 1000パケット 32byte ( 20 + 12 )


 指定するToS値については以下の対応表を参考にして下さい。このToS値はIP SLAにおける値となります。

 
◆ IP SLAで設定するToS値とその対応表
IP SLAで設定する値 (decimal) IP Precedence値 DSCP値
224 7 56
192 6 48
160 5 40
128 4 32
96 3 24
64 2 16
32 1 8
0 0 0


 最後に、IP SLA 1の開始時間(start-time)を now として、継続時間(life)を forever と設定します。


 IP SLAオペレーション1の測定結果を監視するしきい値と、その結果発行されるイベントの設定例は次の通り。
 例えば次のように設定することで下限のMOS値"3.00"(コマンドでは"300")を下回った場合にSNMP Trap
 を発行するようになります。MOS値の値は1〜500の間で指定できます。MOS値"5"は(コマンドでは"500")。

 ◆ SNMPトラップの設定例

 
Cisco(config)# snmp-server host 172.1.1.10 public
 Cisco(config)# snmp-server enable traps rtr

 Cisco(config)# ip sla reaction-configuration 1 react mos threshold-value 500 300
         threshold-type immediate action-type trapOnly



 ◆ 測定用パケットを受信する IP SLA Responder の設定
 Cisco(config)# ip sla responder


 IP SLAのステータスは"show ip sla statistics"により確認できます。特に注目すべき赤枠部分の情報です。
 ※ 以下の出力結果ではMOS値が4.34となっていますが 100Mbpsで直結した環境(トラフィックなし)での値。これが最高値でした。

 



IP SLA - アクティブモニタリングとは

ネットワークエンジニアとして

Copyright (C) 2002-2019 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.