IPv6 - anycast address



 ◆ IPv6 - エニーキャストアドレス

 エニーキャストアドレスとは、複数のノードのインターフェースに割り当てた同一のIPアドレスのことです。
 複数のノードで同じIPアドレスを共有することになり、送信元ノードからエニーキャストアドレスに対して
 パケットを送信した場合は、このエニーキャストアドレスを持つ最も近いノードへパケットが転送されます。


     



 通信の結果としては上図のとおり、ユニキャスト通信と同様に1対1の通信が行われます。また、エニー
 キャストアドレスにはグローバルユニキャストアドレスが使用されることから、エニーキャストアドレス
 と言っても、表記上ではグローバルユニキャストアドレスとエニーキャストアドレスの区別はつきません。

 サーバのインターフェースには、一意であるグローバルユニキャストアドレスを割り当てるのに加えて
 グループを識別するエニーキャストアドレスを割り当てます。ノードのI/Fでは受信したデータグラムの
 宛先アドレスを調べてユニキャストアドレスかエニーキャストアドレスなのかを調べてしかるべき処理を
 行います。上図では、エニーキャストアドレスを使用することでDNSサーバの冗長化と負荷分散を実現。

 このエニーキャストアドレスは、IPv6で標準で実装されました。IPv4ではマルチキャストアドレスが同じ
 ような動作をしますが、エニーキャストアドレスとマルチキャストアドレスには、以下の違いがあります。

通信方式 説明
エニーキャスト  エニーキャストの場合、同じアドレスが登録されたI/Fの中で1つだけが受信
マルチキャスト  マルチキャストの場合、同じアドレスが登録されたI/Fの全てがパケットを受信



IPv6 とは

ネットワークエンジニアとして

Copyright (C) 2002-2019 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.