IPv6 - ICMPv6



 ◆ IPv6 - ICMPv6とは

 ICMPv6(Internet Control Message Protocol for IPv6)は、IPv6で使用されるICMPプロトコルのこと。
 ICMPv6では、ICMPのエラー通知機能やネットワークの情報収集の機能だけではなくて、ARPに相当する
 IPv6アドレス解決機能、IPv6アドレス重複検出機能、マルチキャスト機能が含まれています。ICMPv6は
 IPv4で使用しているICMPとは別のプロトコルであり、IPプロトコル番号が
58となります。RFFC4443定義。

 
ICMPv6フォーマット自体は、IPv4で使用するICMPと同じとなります。

  



 実際のIPv6パケットとして転送される
ICMPv6パケットとしては、以下の通りのフォーマットとなります。

  


 ICMPv6メッセージは、タイプ0〜127の
エラーメッセージとタイプ128〜255の情報メッセージの大きく
 2種類に分類されます。以下ではカテゴリとして3つに分類して、重要なタイプのメッセージを紹介します。

カテゴリ タイプ メッセージ
エラー 1  Destination Unreachable ( 宛先到達不能 )
2  Packet too Big ( パケット過大 )
3  Time Exceeded ( 時間切れ )
4  Parameter Problem ( パラメータ異常 )
情報 128  Echo Request ( エコー要求 )
129  Echo Reply ( エコー応答 )
130  Multicast Listener Query ( マルチキャストリスナクエリー )
131  Multicast Listener Report ( マルチキャストリスナレポート )
132  Multicast Listener Done ( マルチキャストリスナダン )
近隣探索 133  Router Solicitation ( ルータ要請 )
134  Router Advertisement ( ルータ広告 )
135  Neighbor Solicitation ( 近隣要請 )
136  Neighbor Advertisement ( 近隣広告 )
137  Redirect ( リダイレクト )


 近隣探索メッセージのICMPv6はマルチキャストアドレスを使用することで以下の機能を実現します。

 
◆ Router Solicitation / Router Advertisement
機能 説明
 IPv6アドレスの自動設定  ノードにIPv6アドレスを自動的に割り当てる機能
 IPv6プレフィックスの検出  接続リンクのプレフィックスを検出して、直接通信可能なアドレス範囲を識別する機能
 ネクストホップの決定  パケットのネクストホップを決定する機能
 パラメーターの検出  MTUなどの値を検出する機能
 ルータの検出  同一リンク上でノードが接続できるルータを検出する機能


 ◆ Neighbor Solicitation / Neighbor Advertisement
機能 説明
 データリンク層アドレスの解決  MACアドレスとIPv6アドレスを関連付けるIPv4のARPに相当する機能
 IPv6アドレスの重複検出  ノードのI/Fに設定したIPv6アドレスが、他のノードと重複していないか検出する機能
 近隣ノードの到達不能の検出  近隣ノードの通信不能状態を検出する機能

 ◆ Redirect - 最短となる転送先を通知する機能 ( IPv4のICMPリダイレクトに相当する機能)



IPv6 とは

ネットワークエンジニアとして

Copyright (C) 2002-2019 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.