IPv6 - static route



 ◆ IPv6 - スタティックルートの設定

 
◆ IPv6スタティックルートの設定
 (config)#
ipv6 route prefix/length [ nexthop | interface ] distance

コマンド引数 説明
prefix/length

 宛先ネットワークとそのプレフィックス長の指定

nexthop

 宛先ネットワークに到達するためのネクストホップの指定
 ※ ネクストホップにはリンクローカルアドレスを指定することが推奨

interface

 宛先ネットワークに到達するための出力インターフェースの指定
 ※ 宛先ネットワークがシリアルポイントツーポイントI/Fの先にある場合に使用

distance  アドミニストレーティブディスタンスの指定。デフォルト値は 1


 ◆ 設定例 : 2001:1:2:3::/64 に到達するためのスタティックルート
 ※ ネクストホップにリンクローカルアドレスを指定する場合、自身の発信I/Fを指定する必要があります。
 Cisco(config) # ipv6 route 2001:1:2:3::/64 gigabitethernet0/0 fe80::2



  



 R1のIPv6ルーティングテーブル(show ipv6 route)は以下のとおりです。

 




 ◆ IPv6 - デフォルトルートの設定

 IPv6の場合、宛先全てのネットワークプレフィックスを
::/0と指定してデフォルトルートを設定します。

 
◆ 設定例 : ネクストホップを fe80::1 に指定してデフォルトルートを設定
 Cisco(config) # ipv6 route ::/0 gigabitethernet0/0 fe80::1




 ◆ IPv6 - Nullルートの設定

 特定の宛先ネットワークへのトラフィックを全破棄したい場合、ネクストホップに
null0 と指定します。

 
◆ 設定例 : 2001:1:2:3::/64 宛てのトラフィックを全て破棄する設定
 Cisco(config) # ipv6 route 2001:1:2:3::/64 null0



IPv6 とは

ネットワークエンジニアとして

Copyright (C) 2002-2020 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.