IPv6 - OSPFv3 maximum-path / area range / NBMA



 ◆ OSPFv3 の設定 - maximum-pathの設定

 OSPFv3のルーティングテーブルには、デフォルトで最大16パスを乗せることができます。これらのパスは
 equal-costとして同時に使用されます。この最大値は
maximum-pathコマンドで変更することができます。

 
◆ 設定例 : equal-cost経路の最大数 2 にする設定


 Cisco(config) # ipv6 router ospf 1
 Cisco(config-rtr) #
maximum-paths 2




 ◆ OSPFv3 の設定 - エリア内ルート集約の設定

 OSPFv3のエリア内のルート集約は、I/Fではなくて、OSPFv3のルーティングプロセス上で行います。
 集約ルートはLSA Type3としてアドバタイズします。costオプションを設定すればコスト付けもできます。

 
◆ 設定例 : 2001:1:1:0001::/64 〜 2001:1:1:FFFF::/64 を エリア10で2001:1:1::/48 に集約して通知

 Cisco(config) # ipv6 router ospf 1
 Cisco(config-rtr) #
area 10 range 2001:1:1::/48



 ◆ OSPFv3 の設定 - NBMAでのネイバー設定

 OSPFv3はOSPFv2と同様にLayer2に対してシームレスではないので、NBMAのI/F上で自動的にネイバーを
 検出することができません。従って、ネイバーを手動で定義する必要があります。以下の各パラメータは、
 IPv4の時のネイバーコマンドの時と同じになります。ただしOSPFv2の場合はルーティングプロトコル上で
 設定するのに対して、OSPFv3の場合は
インターフェース上で設定します。

 ◆ NBMAでのネイバー設定
 (config)#
interface interface-id
 (config-if)#
ipv6 ospf neighbor ipv6-address [ priority number ] [ cost cost ] [ database-filter all out ]



 ◆ OSPFv3 の設定 - NBMAでのOSPFネットワークタイプ設定

 OSPFv2と同様に、OSFPv3ではI/F上でOSPFのネットワークタイプの設定変更を行うことができます。
 以下の各キーワードの意味はOSPFv2の時と同じです。デフォルト値はI/Fのタイプによって異なります。

 
◆ NBMAでのOSPFネットワークタイプ設定
 (config-if)# ipv6 ospf network
       [
broadcast | non-broadcast | point-to-point | point-to-multipoint [ non-broadcast ]



 ◆ 付録:LSA Typeの比較

OSPFv2 OSPFv3
LSA type LSA Name LSA type LSA Name
1 Router LSA 0x2001 Router LSA
2 Network LSA 0x2002 Network LSA
3 Network Summary LSA 0x2003 Inter-area Prefix LSA
4 ASBR Summary LSA 0x2004 Inter-area Router LSA
5 AS External LSA 0x4005 AS External LSA
7 NSSA External LSA 0x2007 NSSA LSA
- - 0x2008 Link LSA
- - 0x2009 Intra-area Prefix LSA

 ◇ S bits in the OSPFv3 LSA Link State Type field

S2 S1 Flooding Scope
0 0 Link Local
0 1 Area
1 0 AS
1 1 Reserved



IPv6 とは

ネットワークエンジニアとして

Copyright (C) 2002-2020 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.