EIGRP for IPv6



 ◆ EIGRP for IPv6 とは

 EIGRP for IPv6は、IPv6プレフィックスをルーティングすることを可能にしたルーティングプロトコルであり
 IPv4ルートのルーティングを行うEIGRPと同じくDUALを採用しており、EIGRPと同じモデルに従っています。
 EIGRP for IPv6を実装する上での特筆すべき制約事項は以下の通りです。

 ・ EIGRPネイバールータの学習に使用されるhelloメカニズムは、
Neighbor Discoveryが使用されます。
 ・ EIGRP for IPv6で使用されるマルチキャストアドレスは「
FF02::A 」となります。マルチキャスト一覧
 ・ EIGRP for IPv6は、それが実行される
インターフェイスに直接設定します。
 ・ EIGRP for IPv6 プロトコル インスタンスが実行を開始するには、
ルータIDが必要です。
 ・ EIGRP for IPv6 では、 distribute-list prefix-list コマンドを使用してルートをフィルタリングできます。
   なお、distribute-listによるルートフィルタリングではroute-mapコマンドの使用はサポートされません。



 ◆ EIGRP for IPv6 の設定

 先ず、CiscoルータでIPv6トラフィックを転送できるようにするために以下のコマンドでIPv6を有効化します。

 
◆ IPv6の有効化
 (config)#
ipv6 unicast-routing


 次に、以下のコマンドでEIGRP for IPv6プロセスを起動させます。

 
◆ EIGRP for IPv6プロセスの起動
 (config)#
ipv6 router eigrp as-number

コマンド引数 説明
as-number

 AS(自律システム)番号を165535の範囲で指定。ネイバールータと同じ値にする必要がある。
 (config)#
ipv6 router eigrp 1 ← AS番号 1 のEIGRPプロセスを起動させる設定例



 次に、EIGRP for IPv6のルータIDを設定します。

 
◆ EIGRP for IPv6のルータIDの設定
 (config-rtr)#
eigrp router-id x.x.x.x

コマンド引数 説明
x.x.x.x


 32ビットのルータIDの設定。IPv4のIPアドレスがI/Fに割り当てられている場合、そのIPv4アドレスが
 ルータIDとなる。IPv4アドレスが設定されていない場合、router-idコマンドで設定する必要がある。

 (config)# ipv6 router eigrp 1
 (config-rtr)#
eigrp router-id 1.1.1.1 ← ルータIDを 1.1.1.1 とする設定例



 最後に、インターフェース上でEIGRP for IPv6を有効化させます。

 
◆ インターフェース上でのEIGRP for IPv6の有効化
 (config-if)#
ipv6 eigrp as-number

コマンド引数 説明
as-number


 グローバルコンフィグで作成したEIGRP for IPv6のAS番号を指定



 EIGRPパケットは送信元アドレスにリンクローカルアドレスを使用します。以下設定例では、ステータスを
 確認しやすくするためにリンクローカルアドレスを静的に設定しています。


  


EIGRP for IPv6 確認コマンド 説明
 show ipv6 protocols  ルータで設定されているルーティングプロトコルの要約情報の表示
 show ipv6 eigrp neighbors  EIGRP for IPv6により探知されたネイバールータの表示
 show ipv6 eigrp topology  EIGRP for IPv6のトポロジーテーブルの表示
 show ipv6 route eigrp  EIGRP for IPv6で学習したルート情報の表示
 show ipv6 eigrp interfaces  EIGRP for IPv6が有効化されたインターフェースでのEIGRPのトラフィック情報の表示
 show ipv6 eigrp traffic  EIGRP for IPv6の送受信された各種パケット数の表示




 ◆ EIGRP for IPv6 - ルート集約の設定

 IPv6では自動集約はなく「auto-summary」や「no auto-summary」コマンドはありません。ルートを
 手動集約するためには、以下のコマンドでインターフェース単位で設定する必要があります。

 
◆ EIGRP for IPv6 - 手動経路集約の設定
 (config)# interface interface-id
 (config-if)#
ipv6 summary-address eigrp as-number prefix/length

コマンド引数 説明
as-number

 AS(自律システム)番号を 1 〜 65535の範囲で指定。

prefix  集約ルートのプレフィックスを指定
length  集約ルートのプレフィックス長を指定


 ◆ 手動経路集約の設定例( 2001:DB8:0:1::/64 に手動集約して Gi0/0 から送出 )

 Cisco(config) # interface GigabitEthernet0/0
 Cisco(config-if) # ipv6 summary-address eigrp 1 2001:DB8:0:1::/64




IPv6 とは

ネットワークエンジニアとして

Copyright (C) 2002-2019 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.