EIGRP for IPv6 - hello interval / hold-time



 ◆ EIGRP for IPv6 - Helloインターバルの設定

 EIGRPネイバーを検出するためのHelloパケットの送信間隔(Helloインターバル)は、インターフェース
 ごとに変更できます。Helloインターバルはインターフェースの種類によって、デフォルト値が異なります。

リンク デフォルト値 インターフェースの例
広帯域 5  LANリンク、Point-to-Pointシリアルリンク、広帯域なマルチポイント回線(ATM、FR、PRI)
狭帯域 60  上記を除くT1帯域幅以下の低速なマルチポイント回線( FRマルチポイントI/F、ISDN BRI等 )


 
◆ EIGRP for IPv6 - Helloインターバルの設定
 (config)# interface interface-id
 (config-if)#
ipv6 hello-interval eigrp as-number seconds

コマンド引数 説明
as-number

 AS(自律システム)番号を1 〜 65535の範囲で指定。ネイバールータと同じ値にする必要がある。

seconds  Helloパケットの送信間隔を秒数で指定。


 ◆ EIGRP for IPv6 - Holdタイムの設定

 EIGRPルータがHelloパケットを受信しない状態でも、EIGRPネイバーが稼働していると状態とみなす時間
 のことを
ホールドタイムと言います。ホールドタイムはHelloインターバルの3倍であることから、広帯域
 リンクでは
15秒、狭帯域リンクでは180秒です。Helloインターバル値を変更した場合、ホールドタイムが
 変更したHelloインターバル値の3倍になるよう、手動でホールドタイム値を設定変更する必要があります。

 
◆ EIGRP for IPv6 - ホールドタイムの設定
 (config)# interface interface-id
 (config-if)#
ipv6 hold-time eigrp as-number seconds

コマンド引数 説明
as-number

 AS(自律システム)番号を1 〜 65535の範囲で指定。ネイバールータと同じ値にする必要がある。

seconds  ホールドタイムを秒数で指定。


 EIGRPのHelloインターバルとホールドタイムの設定変更は、障害発生時に高速切替が必要なネットワーク
 に対してよく行われます。例えばコールセンターなど、重要度の高い音声システムのトラフィックが流れる
 音声ネットワークでは、Helloインターバルを1秒、ホールドタイムを3秒のように設定する場合があります。

 ◆ 設定例 : R1のGi0/1ポートでは、EIGRP AS番号10のHelloインターバルを1秒、ホールドタイムを3秒とする設定

 R1(config) #
interface gigabitethernet 0/1
 R1(config-if) # ipv6 hello-interval eigrp 10 1
 R1(config-if) #
ipv6 hold-time eigrp 10 3




IPv6 とは

ネットワークエンジニアとして

Copyright (C) 2002-2019 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.