MP-BGP



 ◆ MP-BGP とは

 BGP( BGP 4 )ではIPv4の情報しか運ぶことができませんでした。
MP-BGP( Multi Protocol BGP )では
 IPv4以外のプロトコルにも使用できるように拡張しており、IPv6プロトコルも使用できます。MP-BGPでは
 MP_REACH_NLRI属性とMP_UNREACH_NLRI属性を使用することで、IPv6のルート情報を交換しています。
 MP_REACH_NLRI属性には「
アドレスファミリ」と呼ばれる識別子が含まれており、1つのセッションにて、
 複数のアドレスファミリのプレフィックス情報を転送できます。なお、MP-BGPは
BGP4+ とも呼ばれます。



 ◆ MP-BGP - アドレスファミリとは

 MP-BGPでは、IPv4やIPv6の複数のプロトコルをサポートすることから、それぞれの経路情報を区別して
 管理するためのグループである
アドレスファミリを定義します。アドレスファミリには、以下があります。

 @ IPv4 ユニキャスト
 A IPv4 マルチキャスト
 B IPv4 VRF
 C IPv6 ユニキャスト
 D IPv6 VRF



 ◆ MP-BGP - コンフィグの階層構造

 MP-BGPでは、アドバタイズされるルート情報がIPv4ルートであっても、IPv6プレフィックスであっても、
 BGPネイバーの確立(BGPピアリング)にIPv4またはIPv6アドレスのどちらでも使用できます。たとえば、
 BGPネイバーの確立にIPv4アドレスを使用してもIPv6プレフィックスを通知することができます。それが
 下図の最初の階層(白色部分)の設定となります。※
ルータIDはIPv4アドレスを使用する必要があります。


    


 ◆ MP-BGPの設定

 先ず、CiscoルータでIPv6トラフィックを転送できるようにするために以下のコマンドでIPv6を有効化します。

 
◆ IPv6の有効化
 (config)#
ipv6 unicast-routing


 次に、MP-BGPプロセスを起動します。

 ◆ MP-BGPプロトコルの有効化
 (config)# router bgp as-number

コマンド引数 説明
 as-number

 自身のAS番号を 1 〜 65535 の範囲で指定



 次に、IPv6環境でのみ使用する場合はIPv4アドレスファミリをディセーブルにします。

 ◆ IPv4アドレスファミリのディセーブル
 (config-router)# no bgp default ipv4-unicast



 次に、MP-BGPのルータIDを設定します。

 
◆ MP-BGPのルータIDの設定
 (config-router)#
bgp router-id x.x.x.x

コマンド引数 説明
x.x.x.x


 32ビットのルータIDの設定。IPv4環境、IPv6環境に関係なくIPv4アドレスでルータIDを設定する。
 ※ デフォルトでは、loopbackインターフェースのIPv4アドレスがルータIDとして使用される。

 (config)# router bgp 65001
 (config-rtr)#
bgp router-id 1.1.1.1 ← ルータIDを 1.1.1.1 とする設定例




 次に、MP-BGPでルート情報を交換するネイバーを指定します。ネイバーのIPアドレスにIPv4アドレスを指定
 した場合はIPv4でBGPピアリングを行い、IPv6アドレスを指定した場合はIPv6でBGPピアリングを行います。

 
◆ BGPピアの指定
 (config-router)#
neighbor ipv4-address | ipv6-address remote-as as-number

コマンド引数 説明
 ipv4-address

 IPv4アドレスでBGPピアリングを行いたい場合にIPv4アドレスを指定

 ipv6-address  IPv6アドレスでBGPピアリングを行いたい場合にIPv6アドレスを指定
 as-number  BGPネイバーのAS番号を指定




 ◆ MP-BGPの設定 - アドレスファミリの設定

 先ず、アドレスファミリの定義をします。IPv4ルートを通知したい場合はaddress-family ipv4の階層で設定
 し、IPv6ルートを通知したい場合はaddress-family ipv6の階層で設定します。以下では「ipv6」を指定した
 コンフィグパラメータを記述しています。

 
◆ address-family ipv6の指定
 (config-router)#
address-family ipv6 [ vrf name ] [ unicast | multicast | vpnv6 ]

コマンド引数 説明
 unicast

 ipv6ユニキャストルーティングの指定(省略時のデフォルト値)

 multicast  ipv6マルチキャストルーティングの指定
 vpnv6  VPNv6(VPN for IPv6)は、IPv6 VPN over MPLS(6VPE)を介してサポート



 次に、ネイバールータとの間でアクティベーションを行います。アクティベーションの設定によって、その
 アドレスファミリにおいて、ルート情報を交換できるようになります。


 
◆ BGPネイバーのアクティベーション
 (config-router-af)#
neighbor ipv6-address activation


 最後に、アドバタイズしたいIPv6ネットワークを指定します。

 
◆ アドバタイズしたいIPv6のネットワーク指定
 (config-router-af)#
network ipv6-prefix/length [ route-map map-tag ]



IPv6 とは

ネットワークエンジニアとして

Copyright (C) 2002-2020 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.