IPv6 addressing - Manual or EUI-64 or Autoconfig



 ◆ IPv6ルータへのIPv6アドレスの割り当て

 IPv6ルータのインタフェースにIPv6アドレスを割り当てる方法は以下の3パターンがあります。

対象機器 割り当て方法 割り当て対象
IPv6ルータ  管理者の手動による割り当て  プレフィックス + インターフェースID
 EUI-64の生成による割り当て  プレフィックス + インターフェースID ( 自動生成 )
 autoconfigコマンドで自動取得  プレフィックス + インターフェースID + デフォルトルート


 ◆ IPv6アドレス - @ 管理者の手動による割り当て

 管理者の手動の割り当てでは「プレフィックス」と「インターフェースID」の両方を手動で割り当てます。
 例えば、Ciscoルータでは以下のように設定します。


  



 ◆ IPv6アドレス - A EUI-64の生成による割り当て

 EUI-64の生成による割り当てでは、「プレフィックス」を手動で割り当て、「インターフェースID」は
 EUI-64で自動で生成させます。例えばCiscoルータでは、以下のように最後に
eui-64とつけて設定します。


   



 ◆ IPv6アドレス - B IPv6アドレスの自動取得

 IPv6ホストと同様、IPv6ルータのインターフェースでもIPv6アドレスを自動取得することは可能。ただし
 この設定は一般的なIPv6アドレスの割り当て手法ではなく、あまり使用されることはない方式となります。


   


 ipv6 address autoconfig 後にdefaultと指定することで、RA情報に基づきルーティングテーブルにデフォルトルートも追加されます。



IPv6 とは

ネットワークエンジニアとして

Copyright (C) 2002-2019 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.