IPv6 addressing for IPv6 host



 ◆ IPv6ホストへのIPv6アドレスの割り当て

 IPv6ホストのインタフェースにIPv6アドレスを割り当てる方法は、大きく以下の5パターンがあります。

対象機器 割り当て方法 割り当てる対象
IPv6ホスト  管理者による手動設定


 管理者が手動で以下のIPv6アドレスを割り当てる
 ・ IPv6ホストアドレス
 ・ プレフィックス
 ・ GW(デフォルトゲートウェイ)
 ・ DNSなどの各種IPアドレス

 RAによるステートレス自動設定と手動設定


 RAにより自動的に以下のIPv6アドレスを割り当てる
 ・ IPv6ホストアドレス
 ・ プレフィックス
 ・ GW(デフォルトゲートウェイ)

 管理者が手動で以下のIPv6アドレスを割り当てる
 ・ DNSなどの各種IPアドレス

 RAによるステートレス自動設定


 RAにより自動的に以下のIPv6アドレスを割り当てる
 ・ IPv6ホストアドレス
 ・ プレフィックス
 ・ GW(デフォルトゲートウェイ)
 ・ DNSサーバのIPアドレス -
RFC6106で標準化

 RAとDHCPv6によるステートレス自動設定
 ⇒ 現在のIPv6ネットワークで主流な実装


 RAにより自動的に以下のIPv6アドレスを割り当てる
 ・ IPv6ホストアドレス
 ・ プレフィックス
 ・ GW(デフォルトゲートウェイ)

 DHCPv6で自動的に以下のIPv6アドレスを割り当てる
 ・ DNSなどの各種IPアドレス

 DHCPv6によるステートフル自動設定


 DHCPv6で自動的に以下のIPv6アドレスを割り当てる
 ・ IPv6ホストアドレス
 ・ プレフィックス
 ・ GW(デフォルトゲートウェイ)
 ・ DNSなどの各種IPアドレス
 ※ 現時点でGWの情報は配布できない


 ※ DHCPv6ではデフォルトゲートウェイの情報を配布できず、一方、RAではDNSサーバなどの情報を配布
 できませんでしたが、RFC6106標準化によりRAではDNSサーバのIPアドレスを配布できるようになりました。

配布項目 RAによる配布 DHCPv6による配布
デフォルトゲートウェイのIPアドレス

×
(ドラフト段階)

DNSサーバのIPアドレス


(RFC6106)




IPv6 とは

ネットワークエンジニアとして

Copyright (C) 2002-2021 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.