Cisco ISE Replication - Troubleshooting



 ◆ Cisco ISE Replication - 複製の失敗 その1

 
The hostname myise02.infraexpert.com cannot be resloved. Please check your DNS Configuration.

 

 このメッセージが出力される場合は、プライマリノードがセカンダリノード(myise02.infraexpert.com)
 の名前解決をできていないことを意味します。DNSサーバにmyise02.infraexpert.conのAレコードが存在
 するどうかを確認しましょう。ISEが複製状態を維持するためには、常に名前解決ができる必要があります。



 ◆ Cisco ISE Replication - 複製の失敗 その2

 Unable to authenticate ISE myise02.infraexpert.com. Please check server and CA Certificate
 Configuration and try again.

 このメッセージが出力される場合は、ISEのプライマリノードにインストールされているサーバ証明書
 とセカンダリノードにインストールされているサーバ証明書がお互いにその妥当性を確認できていない
 ことを意味します。以下の点をチェックして下さい。

 @ ISEのプライマリノード、セカンダリノードに同じCAのルート証明書がインストールされていますか?
 A ISEのプライマリノード、セカンダリノードにインストールされているサーバ証明書は同じCAから発行
   された証明書でしょうか(同じ署名の入った証明書でしょうか)
 B 例えばEAP-TLS用にインストールしたサーバ証明書を使用する場合、以下のように「Protoco」で
   以下の通り、EAPだけでなくHTTPSにもチェックを入れてインストールしましたか?

 




 ◆ Cisco ISE Replication - Replicationが成功したのに後に壊れた

 Cisco ISEのプライマリノードとセカンダリノードが以下の通り、Node StatusがGreen状態で同期を成功
 させる前提は、ISEのプライマリノードがセカンダリノードのFQDNを名前解決して通信できている状態が
 必要です。Node Statusがイエローやレッド担っている場合は同期に失敗しているので、Cisco ISEが
 DNSサーバと通信できて、ISEのセカンダリノードの名前解決が行えているかどうを再度確認しましょう。

 


 Node Statusがイエローでも、そこにカーソルを合わせてIn Progressと表示されたら、それは同期中
 を意味するので、少し待てばグリーンになります。Not Syncと表示される場合は上手くいっていません。



Cisco ISE

ネットワークエンジニアとして

Copyright (C) 2002-2019 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.