Cisco ISE Initial Setup 1



 ◆ Cisco ISE - アプライアンス(SNS-3415-K9)


      



     


 ISEのアプライアンスを購入した場合、標準で付属しているローカルKVM用コネクタがありますがこれは
 必ずしも使う必要はありません。あと、コンソールの反応が良くないというか文字化けすることがあるので、
 コンソール接続は、別ページで紹介するCIMCでのコンソール接続(表示)をお勧めします。


 ◆ Cisco ISE - セットアップ手順 その1

 @ Cisco ISEにモニターとキーボードを接続します。

 A 以下の画面が表示されたら「F8」を押します。

 

 


 以下の画面が表示されます。矢印キーでカーソルを移動して文字を入力したり、スペースキーを
 入力することで設定項目の「Enable」や「Disable」を決定できます。

 


 下図の構成を前提として、NIC modeは
Dedicated、NIC redundancyはNoneと設定します。


    



 B NIC modeは「
Dedicated」でスペースキーを押してEnableにします。

NIC mode 説明
Dedicated


 The 1-Gb Ethernet management port is used to access the CIMC.
 You must select NIC redundancy
None and select IP settings.

Shared LOM


 The two 1-Gb Ethernet ports are used to access the CIMC. This is the

 factory default setting
, along with active-active NIC redundancy and DHCP enabled.

Cisco Card


 The ports on an installed Cisco UCS P81E VIC are used to access the CIMC.
 You must select a NIC redundancy and IP setting.


 C NIC redundancyは「None」でスペースキーを押してEnableにします。

NIC mode 説明
None  The Ethernet ports operate independently and do not fail over if there is a problem.
Active-standby  If an active Ethernet port fails, traffic fails over to a standby port.
Active-active  All Ethernet ports are utilized simultaneously.



Cisco ISE

ネットワークエンジニアとして

Copyright (C) 2002-2019 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.