Cisco ISE - CMIC - KVM Console



 ◆ CIMC(Cisco Integrated Management Controller)とは

 CMIC(管理用ネットワークポート)の特徴は以下の通りです。

 ・ サービスLANではなく、管理LANからGUIでサーバを管理できる。
 ・ 標準的なブラウザがあればアプリのインストールは必要なし(Javaは必要)
 ・ 各UCS Cシリーズラックマウントサーバに標準で付属する無料の管理モジュール。
 ・ 独立した専用のプロセッサ上で動作するのでサーバ本体やOSの障害影響なし。
 ・ インベントリ取得、消費電力の制御、仮想メディア機能、診断機能。
 ・ SNMPなどの標準的なAPIもサポート
 ・ BIOSパラメーターもCIMCから簡単設定(サーバ起動中にF2キーを押す必要がない)

 KVMコンソールによりCIMCからコンソール画面を表示できるので、遠隔からのコンソール接続が可能。



 ◆ CMICでのKVM Consoleの起動方法

 @ 管理ポートに割り当てたIPアドレスを指定して https:// でブラウザからCIMCに管理アクセスします。
 デフォルトではユーザ名:
admin、パスワード:passwordとなります。

 



 A 「Launch KVM Console」を押します。

 


 B ブラウザの下側に以下のような画面が表示された場合は「許可」を押します。

 


 メッセージが出力したら「OK」を押します。

 


 C ブラウザの画面下に以下のメッセージが出力されるので「ファイルを開く」を選択します。

 



 ※ PCの設定ですが、Javaのセキュリティ設定がデフォルトの場合、以下のメッセージが出力されてこれ以上進めません。
 ⇒ セキュリティ設定によってブロックされたアプリケーション
 ⇒ セキュリティ設定により、期限切れかまだ有効ではない証明書で署名されたアプリケーションの実行がブロックされています

 そこでJavaのセキュリティタブにある「セキュリティ・レベル」は以下のように「中」にする必要があります。

 



 D セキュリティ警告が表示されますが「続行」を選択します。

 


 E 以下の通りチェックを入れて「実行」を押します。

 


 F 最後にこの画面で「Run」を押して実行します。

 

 
※ 1回目の接続は「Login Failed」のメッセージが出力されることがあります。その場合はもう一度トライ。

 G KVMのコンソール画面が出力されます。


 ブラウザはInternet Exploreを使用しましたが問題なくCIMCにアクセスできました。Javaがポイントですね。



Cisco ISE

ネットワークエンジニアとして

Copyright (C) 2002-2019 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.