Cisco ISE - Patch Install



 ◆ Cisco ISEへの管理アクセス

 初期セットアップでISEのIPアドレスを10.1.1.11と設定したので、ブラウザを開いてhttpsでアクセスします。

 


 初期セットアップで設定したユーザ名、パスワードを入力してログインします。

 


 以下のメッセージを再度出力させる必要はありませんので、チェックしてOKボタンを押します。

 


 以下のSetup Assistant Wizardは柔軟性 0 なので表示しないにチェックして、Noボタンを押します。

 


 ◆ Cisco ISEへのPatchインストール

 Cisco ISEにPatchをインストールするためには、先ず、CCOからISEのPatchをダウンロードします。
 次に「Administration」⇒「System」⇒「Maintenance」⇒「Patch Management」を選択してInstallを
 選択します。※デフォルトでは何もインストールされていないので以下の通り「No data」と表示されます。

 



 「参照」ボタンでPatchを指定して、「Install」ボタンを押します。

 


 以下のメッセージが出力されますが「OK」を押します。

 



 サービスのリスタートを開始します。ISEにSSHでアクセスします。show application status iseで確認して
 以下のようにISE Application Server is still initializingと表示されている間は待ちましょう。

 


 running状態になった後、ISEにアクセスすると以下の通りインストールしたPatchバージョンが表示されます。

 



Cisco ISE

ネットワークエンジニアとして

Copyright (C) 2002-2019 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.