UDLD ( UniDirectional Link Detection )



 ◆ UDLDとは

 UDLDとは
単一方向リンクを検出することができるL2プロトコルです。単一方向リンクとは、下図の通り
 一方の機器でトラフィックを送信できるが受信できない、もう一方の機器でトラフィックを受信できるが
 送信できない状態のことです。UDLDにより、光ファイバーまたはUTPケーブルで接続されたデバイスが
 
ケーブルの状態をモニターして、単一方向リンクを検出すると設定対象ポートをシャットダウンできます。


  


 送信(TX)ケーブルと、受信(RX)ケーブルがピンポイントに障害が発生しやすい光ファイバーケーブル
 が接続されるCatalystスイッチのポート上でこの機能を有効化すると効果的です。光ファイバーケーブルで
 例えば送信(TX)ケーブルだけ故障して、L2ループが発生しそうになっても、UDLDで単一方向リンクを
 検出して該当ポートをシャットダウン(
err-disabled )にすることから、そのような問題を回避できます。


 ◆ UDLDの動作モード

 UDLDの動作モードには「
ノーマル」と「アグレッシブ」の2種類があります。これらの違いは以下の通り。

動作モード 説明
ノーマル
 以下の 1 パターンの問題の検出を可能
 ・ 光ファイバー接続におけるポートの誤った接続による単一方向リンクの検出が可能

アグレッシブ
 以下の 2 パターンの問題の検出を可能
 ・ 光ファイバーリンクとツイストペアーリンク上の片方向トラフィック、
 ・ 光ファイバー接続におけるポートの誤った接続による単一方向リンクの検出が可能


 単一方向リンクを検出した場合の動作は以下となります。つまり、アグレッシブモードが推奨設定となります。

動作モード 単一方向リンク検出時の動作
ノーマル  単一方向リンクの検出時、該当ポートを「undetermined」にするだけでポートをerr-disabledしない。
アグレッシブ  単一方向リンクの検出時、再確立が試みられるものの失敗した場合、該当ポートはerr-disabledされる。




 UDLDの設定は相互接続するデバイスの両端で設定する必要があり、以下は両端で設定している時の動作。

 ◆ UDLDの動作メカニズム

 UDLDは、有効化されたポート上でHelloパケット(
Probe)を定期的に送信して、隣接のUDLD対応機器に
 送信してネイバー同士でネイバーに関する情報を常に維持できるようにします。スイッチがHelloパケットを
 受信するとエージングタイムが経過するまで情報をキャッシュします。古いキャッシュのエージングタイム
 が切れる前に、新しいHelloパケットを受信した場合、古いエントリが新しいエントリに置き換えられます。


  




 UDLDは検出メカニズムとして「
Echo」を使用します。UDLDが有効化されたデバイスがネイバーから
 再同期要求を受信すると検知プロセスが開始されそしてエコーメッセージを送信します。エコー送信側は
 返信エコーを受信するよう待機します。このエコーメッセージを受信できなかった場合は、該当ポートは
 ノーマルモードなら「undetermined」状態。アグレッシブモードなら「err-disable」状態になります。


  


 エコーを受信できれば「
Bidirectional」と見なされて、detectionフェーズからadvertisementフェーズ
 に移行します。この状態になると、定期的(デフォルト15秒)にHelloパケットをやりとりを行います。



L2コントロール( UDLD、Flex Link、ストーム制御、保護ポート、ポートブロッキング )

ネットワークエンジニアとして

Copyright (C) 2002-2019 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.