Flex Link



 ◆ Flex Linkとは

 Flex Linkは、2つのポートのうち一方を
アクティブリンクとして、もう一方をバックアップリンクとした
 Layer2のペアを作り、一方のポートが他方のポートのバックアップとして動作させられる技術のことです。

 通信要件でSTPを無効化する必要のある冗長トポロジーにおいて、STPの代替ソリューションとして使用
 する技術です。STPでは2台以上のスイッチが連携してステータス変化を行うのに対して、Flex Linkでは
 
スイッチ単体でその動作を制御します。Flex Linkで定義した「アクティブリンク」でトラフィックの転送
 が行われて、「バックアップリンク」ではスタンバイモードとなり、トラフィックの転送は行われません。


     



 そもそも、通信要件でSTPを無効化する必要があってもループフリー構成の設計にしたり、EtherChannel
 などにより冗長パスを形成するなどをして要件を満たすことが多く、Flex Linkが使われることは少ないです。


 ◆ Flex Link - 実装例

 下図ではスイッチ(SWA)にFlex Linkを設定しています。インターフェースのGi0/1をアクティブリンク
 として、Gi0/2をスタンバイリンクとしています。正常時は、Gi0/1のポートからトラフィックが転送され
 ますが、Gi0/1 がダウンした場合は Gi0/2 からトラフィックが転送されるようになります。Gi0/1 が復旧
 した場合は「preemption mode forced」によって、Gi0/1が再びアクティブリンクとして使用されます。


      




 ◆ Flex Link - MACアドレステーブルの移動更新機能

 この機能を使用することによって、FlexLinkを実装しているスイッチでアクティブリンクがダウンして
 スタンバイリンクがトラフィックの転送を開始する時に、スイッチで双方向の高速コンバージェンスを
 実現できます。下図では、SWAのGi0/1をアクティブリンク、Gi0/2をスタンバイリンクとしています。
 従って、Gi0/1からトラフィックが転送され、そのリンク上で通信機器のMACアドレスが学習されます。


 



 Flex Linkでの「MACアドレステーブルの移動更新機能」が設定されていない状態で、SWAの Gi0/1 が
 ダウンした場合には、Gi0/2 からトラフィックが転送開始されますが、SWDのGi0/4でMACアドレスを
 学習するまでの間、短時間ではありますがGi0/3を経由してトラフィック転送が行われることになります。

 Flex Linkの「MACアドレステーブルの移動更新機能」を有効化すると、SWAのGi0/2からトラフィック
 転送が開始されるのと同時に、SWAはGi0/2から
MACアドレステーブル移動更新パケットが送信します。
 それを受信したSWDはGi0/4で即座にクライアントPCのMACアドレスを学習して高速収束を実現します。


 


 この設定は、Flex Linkを実装しているスイッチでは、MACアドレステーブル移動更新メッセージを送信
 できるように設定して、その他のスイッチはそのメッセージを受信して処理できるように設定が必要です。



L2コントロール( UDLD、Flex Link、ストーム制御、保護ポート、ポートブロッキング )

ネットワークエンジニアとして

Copyright (C) 2002-2019 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.