Windows 7 - IIS Install



 ◆ Windows 7 - IISをインストールしよう

 Windows 7 Home Premium以上ではWindows標準Webサーバの
IIS(Internet Information Services)が
 付属されています。Windows 7で使用できるIISのバージョンは
7.5です。以下ではWindows 7 Professional
 を使用して、そのインストール方法と設定方法を紹介します。



 ◆ Windows 7 - IISのインストール方法

 @ 「コントロールパネル」⇒「プログラムと機能」を選択します。

 


 A 「Windowsの機能の有効化または無効化」を選択します。

 


 B 「インターネットインフォメーションサービス」を選択して「OK」を押します。

 


 C ブラウザを開いて「https://localhost/」と入力して以下の画面が表示すればインストールは成功。

 



 ◆ Windows 7 - IISの設定方法

 IISは、IISマネージャで設定を行います。IISマネージャは「スタートボタン」を押して、その検索窓にて
 inetmgrと入力して、Enterキーを押して起動させます。








 そうすると以下のような画面が表示されます。ここで各種設定を行います。

 




 ◆ Windows 7 - IISのトップページ画面の変更

 IIS7.5の規定のルートフォルダは
C:\inetpub\wwwroot となります。つまり、https://localhost/と
 入力することで表示されるWebページの情報はここにあります。

 


 このデフォルトのiisstart.htmというhtmファイルを削除や移動して、当サイトのトップーページの
 htmlを以下のように配置した場合、https://localhost/と入力すると以下のように表示画面が変わります。

 



 


 ロードバランサーで負荷分散試験の際にWindows 7端末をリアルサーバとして使用する場合、以下のように
 Poolメンバーごとに分かりやすいindex.htmlを配置することで、視覚的に負荷分散を確認することができます。

 

 



ロードバランサ 仕組み

ネットワークエンジニアとして

Copyright (C) 2002-2019 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.