VPLS (Virtual Private LAN Service)



 ◆ VPLS(Virtual Private LAN Service)とは

 VPLS(仮想プライベートLANサービス)は、
MPLSを使用してEthernetフレームを転送させることが
 できる技術のことです。MPLS網上で、仮想的なEthernet LANをVPNごとに構築できることからも、
 利用するプロトコルはIPに依存しないため、いわゆるLayer 2 VPNを提供することができる技術です。
 VPLSにより、地理的に分散されたEthernet LANサイトをMPLSバックボーン全体で相互接続できます。

 先ず、広域イーサネットサービスで、VPLSがどのような位置づけにあるのか見てみましょう。



 ◆ 広域イーサネットの3つの実装方式

 キャリアの提供する広域イーサネットのWANサービスは、大きく3つの実装方式があります。

 1. 
Q-in-Q( IEEE802.1ad )
 イーサネットフレームにタグを二重に付与する方式です。スタックドVLANとも呼ばれます。

 2. 
MAC-in-MAC( IEEE802.1ah )
 広域イーサネット網内だけに有効なMACアドレスを使用して、MACフレームをMACフレームで
 カプセル化する方式です。PBB(Provider Backbone Bridging)とも呼ばれます。

 3. 
VPLS(Virtual Private LAN Service)
 VPLSはMPLSプロトコルを利用した方式です。VPLSは、EoMPLSの1つの形態とも言えます。
 VPLSでは、広域イーサネットサービス(WANサービス)をルータで構築することができます。


 ◆ VPLSの仕組み

 VPLSでは、MPLSで利用するラベルごとの仮想的な伝送路であるLSPを、PEルータ同士でフルメッシュに
 張ることにより、EthernetフレームをMPLSを使用しMultipoint to Multipointで転送することができます。

 VPLSとMPLSとの違いは、利用者(企業)から送信されるパケットを
IPアドレスではなくMACアドレスに
 基づき転送することができる点
です。PEルータ(VPLSルータ)では、企業ごとのMACアドレスと転送先
 パスの対応テーブルを持っており、その情報に基づいてラベルを付加して転送します。

 MPLS網内のコアルータ(Pルータ)はそのラベルに基づきフレームを転送するだけでよく、コアルータは
 MACアドレスを学習する必要はありません。


   


 LANスイッチの場合、RSTPを実装しても障害発生時の切り替わりが約1秒は必要となってしまいますが、
 VPLSルータの場合には、
Fast Rerouteと呼ばれる機能によって、障害発生時に迂回経路にミリ秒レベル
 にまで高速収束(パスの移行)を実現することが可能になります。

 そして、VPLSではMPLSベースの冗長化機能が使えるだけではなく、MPLS網側から受信したフレームを
 MPLS網側には戻さないスプリットホライズン機能によりループも防止できます。



 ◆ VPLSの仕組み - 2つのラベル

 VPLSでは、ユーザ側から転送されるイーサネットフレームに、キャリア側のPEルータ(VPLSルータ)で
 2つのラベル付けが行われます。TunnelラベルとVCラベルの2つです。


    

VPLSのラベル 説明
Tunnelラベル

 PEルータ、Pルータ、PEルータ間のトンネルで転送するための外側のラベル。

VCラベル

 ユーザ側のイーサネットフレームを識別するための内側のラベル。



MPLSとは

ネットワークエンジニアとして

Copyright (C) 2002-2023 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.