MPLS - LSP Part2



 ◆ MPLS - 前回までの内容

 MPLSでは、MPLS網の各ルータでIPルーティングが確立していることが前提であり、IGPで土台を作ります。
 次に、MPLS網に参加する各インターフェースでMPLSを有効化することで、ラベル配布プロトコルのLDPが
 ネイバーを確立し、ネイバー間でラベル情報のやりとりを開始します(ラベルは隣接するルータ間でのみ使用)

 MPLSを有効化したルータではコントロールプレンとデータプレンの2つの構成要素があります。コントロール
 プレンでは、ルーティングテーブルやLIBテーブルによりルーティングとラベルスイッチングに必要な情報が
 収集されます。そして、データプレンではコントロールプレンで生成したテーブル情報をキャッシュし実際の
 パケット転送が行われます。前回まではこのような内容を説明しました。今回は、より具体的に解説します。



 ◆ MPLS - LSP確立の流れ

 IGPで土台を作り、MPLSを有効化しLDPネイバーが確立した後、実際に宛先経路がラベル付けされる様子を
 示しています。10.1.1.0/24のネットワークが通知される際に、どのようにラベリングされるのか見てみます。

 先ずは、OSPFやIS-ISなどのIGPで土台を作るので、下図のようにルーティングアップデートが行われます。


   



 LIBテーブルは、LDPでラベル情報が通知されて生成されていくのですが、まず最初に自身のテーブル上で
 宛先ネットワークに対してローカルにラベルを割り当てます。例として、分かりやすいように下図の値として
 いますが、実際にはラベル値
16 から自動的に割り当てられます。また、この値はローカルでのみ有効なので
 例えば3台のルータすべてが、Local Labelに
16 と割り当ててられて、重複しても問題ありません。


   




 自身のLIBテーブル上で割り当てられたラベル値を隣接ルータに通知して、隣接ルータはそれを学習します。
 下図のLER2は、10.1.1.0/24に対してラベル「300」を付けてパケットを送信してと、LSRに伝えています。
 LSRは「10.1.1.0/24」に対して、ラベル「200」を付けて送信してくれとLER1に伝えています。


  




 実際には、LDPはMPLSが有効な全てのインターフェースからアドバタイズメントが行われるので、下図の通り
 逆向きのアドバタイズメントも発生します。IGPのスプリットホライズン機能がある訳ではないので、その場合
 LIBテーブル上で複数のパスが発生しますが
使用されるパスはルーティングテーブル上のネクストホップです。

 LSRでは、10.1.1.0/24に対して2つのラベルスイッチングの宛先がありますがベストパスは192.168.2.2です。
 LER2では、10.1.1.0/24はMPLS網の外にあるので、これもネクストホップに従い172.16.1.254に転送します。


   




 以上を踏まえると、ラベルスイッチングは下図となります。ただし、CiscoルータではデフォルトでPHPという
 機能が有効になっているので、下図のLSRでのSWAPの動作はPop(remove)となります。次回に詳細に解説。


   



MPLSとは

ネットワークエンジニアとして

Copyright (C) 2002-2019 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.