MPLS-VPN - Part2



 ◆ MPLS-VPN - MPLS、VRF、MP-BGPの関連付け

 これまでの説明で「
MPLSVRFMP-BGP 」という3つのキーワードについて理解できたかと思います。
 前回のMPLS-VPNの解説でVRFとMP-BGPとの関連付けはよく理解できたかと思いますが、これらに対し
 どのようにMPLSのラベルスイッチングが関連してくるのかは曖昧でしたので、今回はその説明を行います。



 ◆ MPLS-VPN - 2つのラベル

 MPLS-VPNでは「
LDPによりアドバタイズするラベル」と「MP-BGPによりアドバタイズされるラベル」の
 2つがあります。LDPのラベルはMPLS網内の転送用ラベルとして使用されます。MP-BGPのラベルは、VRFに
 よるVPN識別用ラベルとして使用されます。つまりMPLS-VPNでは1つのパケットにラベルが2つ付加されます。

MPLS-VPNの2つのラベル 何により通知されるか 説明
MPLS網内の転送用ラベル LDP

 MPLS網内の全てのルータで交換されるラベル。VRFによるVPNの
 出口となる対向側のPEルータの宛先アドレスに関するラベル

VRFによるVPN識別用ラベル MP-BGP

 MP-BGPでネイバー接続しているPEルータ間でのみ交換される
 ラベル。VRFの経路情報のためのラベル。

 ※ VRFによるVPN識別用ラベルは、MP-BGPのNLRI (Network Layer Reachability Information) としてアドバタイズされています。

 両方のラベルとも、ラベル番号は重複せずに、自動的にローカルに割り当てられます。また、LDPで使用して
 いないラベルがVPN識別用ラベルとして割り当てられます。


 



 A社ではIP-VPNのWANサービスを利用しています。A社の東京本社と大阪支店と通信するフローを解説します。
 A社のCE1からは何のラベルのないIPパケットがキャリアルータのPE1へ送信されます。PE1では、その受信した
 IPパケットがA社のものである事は、受信したインターフェースにA社用のVRFの設定がしているので分かります。

 次に、MP-BGPにより作成されたA社用のVRFルーティングテーブルを参照します。そこでは 10.1.2.0/24 の
 ネクストホップがPE2であることが分かります。そして、その宛先ネットワークには隣接するP1ルータから受信
 したラベル17と18が割り当てられている事が分かります。ラベル17がVPN識別用ラベルである事はPE1ルータの
 MP-BGPテーブルで確認できます。ラベル18がMPLS網内識別ラベルである事は、LFIBテーブルで確認できます。

 MPLSラベルが付加されたので、この時点で参照するテーブルはMPLSラベルテーブルとなります。10.1.2.0/24
 のネクストホップがPE2と分かったので、LFIBテーブルでPE2にたどり着くまでのネクストホップを確認します。
 上図通りP1ルータがネクストホップと分かります。PE2がネクストホップとはいえそれはMP-BGPテーブルの話。

 P1ルータではLFIBテーブルのみ参照します。受信パケットの先頭ラベルだけを見るので、ラベル18を確認して
 LFIBテーブルに従いラベル18をラベル19にSwapして転送します。それを受信したP2ルータでは、LFIBテーブル
 のみ参照します。P2ルータはPE2ルータからLDPによるアドバタイズに従い先頭ラベルをPopします。(PHP機能)

 PE2ルータでは先ずLFIBテーブルを参照します。LFIBテーブル上では、ラベルの削除(No Label)する事の情報と
 ネクストホップアドレスが分かりますのでラベル削除後にVRFのルーティングテーブルを参照しネクストホップに
 IPパケットを転送します。(どのVRFのルーティングテーブルに転送されるのかはRTの情報を見て転送しています)



MPLSとは

ネットワークエンジニアとして

Copyright (C) 2002-2018 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.