Multicast PIM-DM - Config



 ◆ PIM-DMの設定

 CiscoルータでPIM-DMを動作させるためには、2種類のコマンドを設定をするだけとなります。1つは
 グローバルコンフィグでマルチキャストルーティングを有効化させるコマンド設定です。残りの1つは、
 マルチキャストパケットを転送させたいインターフェースでPIM-DMを有効化させるコマンド設定です。

 ◆ マルチキャストルーティングの有効化( Catalystスイッチの場合、機種により ip multicast-routing distributed と設定 )
 (config)# ip multicast-routing

 
◆ マルチキャストパケットを転送させたいインターフェースでPIM-DMを有効化
 (config)#
interface interface-id
 (config-if)#
ip pim dense-mode


 それでは、下図におけるコンフィグ設定例を紹介します。


    



 R1(config)# ip multicast-routing

 R1(config)# interface GigabitEthernet0/1
 R1(config-if)# ip address 10.1.1.254 255.255.255.0
 R1(config-if)# ip pim dense-mode

 R1(config)# interface GigabitEthernet0/0
 R1(config-if)# ip address 10.0.0.1 255.255.255.0
 R1(config-if)# ip pim dense-mode


 R1(config)# ip multicast-routing

 R1(config)# interface GigabitEthernet0/1
 R1(config-if)# ip address 10.0.0.2 255.255.255.0
 R1(config-if)# ip pim dense-mode

 R1(config)# interface GigabitEthernet0/0
 R1(config-if)# ip address 172.16.1.254 255.255.255.0
 R1(config-if)# ip pim dense-mode



 ◆ PIM-DM - オプション設定

 以下のコンフィグは全てオプション設定であり、PIM-DMを動作させる上での必須設定ではありません。

 ◆ PIMクエリーインターバルの設定
 PIMクエリーメッセージ(Helloメッセージ)は、デフォルトで30秒ごとに送信されます。PIMクエリーの
 送信間隔(秒数)を変更したい場合は以下のコマンドで設定変更します。

 (config)#
interface interface-id
 (config-if)#
ip pim query-interval second


 ◆ PIM DRプライオリティの設定
 PIM DRに選出されたルータは「PIM Joinメッセージの送信」と「PIM Registerメッセージの送信」の役割を
 マルチアクセスネットワークの代表として担うことになります。デフォルトのDRプライオリティは
1 です。
 この値を変更したい場合は以下のコマンドで設定変更することができます。

 (config)#
interface interface-id
 (config-if)#
ip pim dr-priority number


 
◆ PIM State Refreshタイマーの設定
 CiscoルータではState Refresh機能が有効化されており、60秒ごとに送信されますが、この60秒という時間
 は変更することができます。以下の設定例では60秒を30秒に変更しています。設定場所はファーストホップ
 ルータの
Senderが接続しているインターフェース上で設定します。上図の構成図のR1のGi0/1で設定します。
 State Refresh機能を無効化したい場合「ip pim state-refresh origination-interval disable」と設定します。


 R1(config)# interface GigabitEthernet0/1
 R1(config-if)# ip pim state-refresh origination-interval 30




 ◆ PIM-DM - コンフィグ設定上の注意点

 @ ip pim dense-modeの設定するインターフェース
 マルチキャストパケットを転送する全てのインターフェースが設定対象であり、Senderが接続しているI/F
 Receiverが接続しているI/F、SenderからReceiverへのパケットの
通り道となる全てのI/Fが設定対象です。

 A IGMPの有効化について
 Ciscoルータではインターフェース上でPIMを有効化すると、そのインターフェースでは
自動的にIGMPv2
 有効化されます。従って、IGMPのみを有効化、無効化するような設定はありません。

 B ユニキャストルーティングの設定
 マルチキャストパケットを転送させるためには、マルチキャストルーティングだけでなく、
ユニキャストの
 
ルーティングも完全である必要があります。マルチキャストパケットを転送する上でOILのインターフェース
 からパケットをフラッディングするためには、RPFチェックが成功している必要があります。RPFチェックは
 ユニキャストのルーティングを見て、Senderから最短ルートで転送されたパケットであるか確認しています。



 ◆ PIM-DM - ステータス確認コマンド

Ciscoコマンド 説明
 show ip pim interface  PIMを有効化したインターフェース、PIMのバージョンと動作モード、PIM DR情報
 show ip pim neighbor  PIMネイバーのIPアドレス、インターフェース、PIMネイバー確立後の経過時間、PIM DR情報
 show ip mroute  マルチキャストルーティングテーブル( ディストリビューションツリー )の情報
 show ip mroute summary  マルチキャストルーティングテーブル( ディストリビューションツリー )のサマリー情報
 show ip rpf x.x.x.x  x.x.x.x で指定したIPアドレスに対するRPFインターフェースとRPFネイバーの情報
 debug ip mpacket  マルチキャストルータが送受信するマルチキャストパケットをリアルタイムに確認
 debug ip pim  PIMメッセージの送受信をリアルに確認
 debug ip mrouting  マルチキャストルーティングテーブルの変更をリアルタイムに確認



マルチキャスト - Ciscoコンフィグ設定

ネットワークエンジニアとして

Copyright (C) 2002-2019 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.