Multicast PIM-SM - Auto-RP Config 2



 ◆ PIM-SM - Auto-RPオプション設定(RP-Announceメッセージのフィルタリング)

 Auto-RPでのRP Mapping Agentは、RP Candidateが送信するRP-Announceメッセージを全て受信します。
 ネットワーク上に不正なRP Candidateが存在した場合、不正なRP CandidateのRP-Announceメッセージを
 受信してしまうため、間違ったRPアドレスを認識してしまう可能性があります。

 そこで、
RP-Announceメッセージをフィルタリング設定をすることによって、RP Mapping Agentは適切な
 RP CandidateからのみRP-Announceメッセージを受信することができます。設定コマンドは以下の通りです。

 (config)# ip pim rp-announce-filter rp-list ACL1 [ group-list ACL2 ]


コマンド引数 説明
ACL1  RP CandidateのIPアドレスを指定するACL
ACL2  ACL1で指定したRPの対象となるマルチキャストグループアドレスを指定するACL


 ◆ RP Mapping Agentの設定例 1 - 2.2.2.2 のRP Candidateから送信されるRP Announceのうち239.1.1.5のみを受信

 Cisco(config)# access-list 1 permit 2.2.2.2
 Cisco(config)#
access-list 2 permit 239.1.1.5

 Cisco(config)#
ip pim rp-announce-filter rp-list 1 group-list 2


 ◆ RP Mapping Agentの設定例 2 - 2.2.2.2 のRP Candidateから送信されるRP Announceのプライベートスコープ以外を受信


 Cisco(config)# access-list 1 permit 2.2.2.2

 Cisco(config)#
access-list 2 deny 239.0.0.0 0.255.255.255
 Cisco(config)# access-list 2 permit 224.0.0.0 15.255.255.255

 Cisco(config)#
ip pim rp-announce-filter rp-list 1 group-list 2




 ◆ PIM-SM - Auto-RPオプション設定(マルチキャスト境界の定義)

 Auto-RPでは、RP-AnnounceメッセージとRP-Discoveryメッセージの到達範囲を制御することができます。
 Auto-RPで使用する「224.0.1.39」と「224.0.1.40」宛てのパケットを拒否するACLを定義して、Auto-RP
 によるマルチキャスト境界としたいインターフェースに対して、以下のコマンドを設定します。

 (config)# interface interface-id
 (config-if)# ip multicast boundary ACL


 Cisco(config)# access-list 1 deny 224.0.1.39
 Cisco(config)# access-list 1 deny 224.0.1.40
 
Cisco(config)# access-list 1 permit 224.0.0.0 15.255.255.255

 Cisco(config)#
interface GigabitEthernet0/0
 Cisco(config-if)#
ip multicast boundary 1



 ◆ PIM-SM - Auto-RPコンフィグ設定上の注意点

 @ ip pim sparse-mode または ip pim sparse-dense-mode の設定するインターフェース
 マルチキャストパケットを転送する全てのインターフェースが設定対象であり、Senderが接続しているI/F
 Receiverが接続しているI/F、SenderからReceiverへのパケットの
通り道となる全てのI/Fが設定対象です。

 A IGMPの有効化について
 Ciscoルータではインターフェース上でPIMを有効化すると、そのインターフェースでは
自動的にIGMPv2
 有効化されます。従って、IGMPのみを有効化、無効化するような設定はありません。

 B ユニキャストルーティングの設定
 マルチキャストパケットを転送させるためには、マルチキャストルーティングだけでなく、
ユニキャストの
 
ルーティングも完全である必要があります。マルチキャストパケットを転送する上でOILのインターフェース
 からパケットをフラッディングするためには、RPFチェックが成功している必要があります。RPFチェックは
 ユニキャストのルーティングを見て、Senderから最短ルートで転送されたパケットであるか確認しています。

 C RPアドレスの設定
 RPアドレスの設定は、RPとなるルータ含めて全てのマルチキャストルータで設定する必要があります。なお、
 RPを設定するインターフェースは耐障害性の観点から一般的にループバックインターフェースを使用します。
 当然ながら、
各マルチキャストルータはRPアドレスにIP到達性がある必要があります。

 D ip pim send-rp-announce と ip pim send-rp-discovery で指定するI/FのPIMの有効化
 これらのコマンド内で指定したインターフェースは、PIMが有効になっている必要があります。つまり例えば
 loopbackインターフェースを指定した場合には、loopbackインターフェースでもPIMを有効化させます。


 Cisco(config)# ip pim send-rp-announce loopback0 scope 16

 Cisco(config)# interface loopback0
 Cisco(config-if)# ip pim sparse-dense-mode




 ◆ PIM-SM - ステータス確認コマンド

Ciscoコマンド 説明
 show ip pim interface  PIMを有効化したインターフェース、PIMのバージョンと動作モード、PIM DR情報
 show ip pim neighbor  PIMネイバーのIPアドレス、インターフェース、PIMネイバー確立後の経過時間、PIM DR情報
 show ip mroute  マルチキャストルーティングテーブル( ディストリビューションツリー )の情報
 show ip mroute summary  マルチキャストルーティングテーブル( ディストリビューションツリー )のサマリー情報
 show ip rpf x.x.x.x  x.x.x.x で指定したIPアドレスに対するRPFインターフェースとRPFネイバーの情報
 show ip pim rp mapping  マルチキャストグループに対するRPアドレスの情報
 debug ip mpacket  マルチキャストルータが送受信するマルチキャストパケットをリアルタイムに確認
 debug ip pim  PIMメッセージの送受信をリアルに確認
 debug ip mrouting  マルチキャストルーティングテーブルの変更をリアルタイムに確認



マルチキャスト - Ciscoコンフィグ設定

ネットワークエンジニアとして

Copyright (C) 2002-2019 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.