Multicast - IGMP Config



 ◆ IGMPの設定

 Ciscoルータでは、PIM-DMかPIM-SMをインターフェースに設定すると、自動的にIGMPが有効になります。
 自動的に有効化するIGMPのバージョンは「2」であり、各種デフォルト値は以下となります。

機能 デフォルト値
 IGMPバージョン  PIMを有効化した全てのインターフェースで version 2
 IGMPv2 クエリーの送信間隔  60秒
 IGMPv2 クエリーのタイムアウト値  60秒
 IGMPv2 クエリーに対する最大応答時間  10秒


 PIMを有効化すれば自動的にIGMPが有効になるのでIGMPの必須設定はなく、以降で紹介する設定コマンドは
 必要に応じて設定するオプション設定となります。なお、これらの設定はインターフェース上で行います。

 ◆ IGMPバージョンの設定
 (config-if)# ip igmp version [ 1 | 2 | 3 ]

 
◆ IGMPv2 クエリーの送信間隔( 60秒ごとにマルチキャストグループの検出、最新情報の維持するために送信 )
 (config-if)#
ip igmp query-interval seconds

 
◆ IGMPv2 クエリーのタイムアウト値( 60秒以内にクエリアからクエリーを受信できなかった場合に、自身がクエリアとなる )
 (config-if)#
ip igmp querier-timeout seconds

 
◆ IGMPv2 クエリーに対する最大応答時間( 10秒以内にクエリーへの応答がない場合、グループメンバーが存在しないと見なす)
 (config-if)#
ip igmp query-max-response-time seconds


 IGMPのステータスは以下のコマンドで確認することができます。

確認コマンド デフォルト値
 show ip igmp interface  IGMPが有効化しているインターフェースの詳細情報を確認
 show ip igmp groups  Receiverから受信したIGMPメンバーシップレポートの情報を確認
 debug ip igmp  ルータが送受信するIGMPメッセージをリアルタイムに確認
 debug ip igmp group-address  ルータが祖受信するIGMPパケットと、IGMPホスト関連のイベントを確認


 ◆ IGMPの設定 - 自身のインターフェースをReceiverにする設定

 CiscoルータやCatalystスイッチでは、自身のインターフェースをReceiverとして設定することも可能です。
 このコマンドはSenderとReceiverがマルチキャスト通信する上では必要な設定ではありません。この設定に
 よってICMPエコー要求に応答してくれることから、マルチキャストの到達可能性を判断するのに役立ちます。

 
◆ 自身のI/FをReceiverとする設定
 (config-if)#
ip igmp join-group group-address

 
◆ 自身のGi0/0インターフェースが「239.1.1.5」のマルチキャストグループに参加する設定

 Cisco(config)# interface GigabitEthernet0/0
 Cisco(config-if)# ip igmp join-group 239.1.1.5


 この設定により、マルチキャストルーティングテーブルのOILに「GigabitEthernet0/0」が追加されることに
 なり、Gi0/0ではマルチキャストパケットを転送できるようになります。また、IGMPメンバーシップレポート
 も送信するようになり、自身のI/FがReceiverとして動作することになります。CCIEラボ試験でも使用します。



 ◆ IGMPの設定 - 自身のインターフェース配下にReceiverがいるとみなす設定

 マルチキャストパケットを受信したいけれども、例えばIGMPパケットを受信できないホストが存在する場合
 以下のコマンドを設定することで、そのインターフェース配下ではマルチキャストグループが存在していると
 みなされて、Receiverはマルチキャストパケットを受信できます。ip igmp join-groupコマンドとは異なり
 設定したI/F自身がマルチキャストパケットを受信したり、IGMPメンバーシップレポートを送信は行いません。

 ◆ 自身のI/F配下にReceiverがいるとみなす設定
 (config-if)#
ip igmp static-group group-address

 
◆ Gi0/0インターフェース配下に「239.1.1.5」のマルチキャストグループが存在するとみなす設定

 Cisco(config)# interface GigabitEthernet0/0
 Cisco(config-if)# ip igmp join-group 239.1.1.5




 ◆ IGMPの設定 - ip igmp join-group と ip igmp static-group コマンドの違い

設定コマンド マルチキャストパケットの転送 マルチキャストパケットの受信 IGMPメンバーシップレポートの送信
ip igmp join-group
ip igmp static-group × ×

 ※ 「マルチキャストパケットの転送」とは「 マルチキャストルーティングテーブルのOILに追加する 」ということを意味します。



マルチキャスト - Ciscoコンフィグ設定

ネットワークエンジニアとして

Copyright (C) 2002-2019 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.