Multicast - IGMP Config Part2



 ◆ IGMPの設定 - IGMPメンバーシップレポートのフィルタリング

 Ciscoルータは、デフォルトで全てのIGMPメンバーシップレポートを受信します。Ciscoルータが特定の
 マルチキャストグループのIGMPメンバーシップレポートだけを受信したい場合には以下の設定をします。

 (config-if)#
ip igmp access-group ACL

 ◆ Gi0/1インターフェースで「239.1.1.5」のIGMPメンバーシップレポートのみを受信する設定

 
Cisco(config)# access-list 1 permit 239.1.1.5

 Cisco(config)# interface GigabitEthernet0/1
 Cisco(config-if)# ip igmp access-group 1


 この設定により、例えばReceiverが「239.1.1.6」に参加したいというIGMPメンバーシップレポートを
 ルータに送信してもそれを拒否して、ルータのマルチキャストルーティングテーブルには反映されません。



 ◆ IGMPの設定 - IGMPv3 メンバーシップレポートのフィルタリング

 IGMPv3の場合は、IGMPメンバーシップレポートに対して「マルチキャストグループ」だけではなく「送信元
 アドレス」も指定してフィルタリングすることができます。ip igmp access-groupコマンドで拡張ACLを指定
 することで「送信元」と「マルチキャストグループ」を指定します。

 ◆ Gi0/1インターフェースで「172.16.1.5」のReceiverが「239.1.1.5」のIGMPメンバーシップレポートのみを受信する設定

 
Cisco(config)# access-list 101 permit igmp host 172.16.1.5 host 239.1.1.5

 Cisco(config)# interface GigabitEthernet0/1
 Cisco(config-if)# ip igmp access-group 101


 この設定により、マルチキャストグループが「239.1.1.5」のIGMPメンバーシップレポートであったとしても
 ReceiverのIPアドレスが「172.16.1.5」でなければ、このルータのインターフェースGi0/0においては、その
 IGMPメンバーシップレポートを拒否し、ルータのマルチキャストルーティングテーブルには反映されません。


 ◆ Catalyst L2SW - IGMPの設定 - IGMPメンバーシップレポートのフィルタリング

 CatalystスイッチでIGMPメンバーシップレポートのフィルタリングを行いたい場合のコマンドは以下です。

 (config)#
ip igmp profile profile-number
 (config-igmp-profile)#
permit | deny
 (config-igmp-profile)#
range start-group-address end-group-address

 (config)#
interface interface-id
 (config-if)#
ip igmp filter profile-number

コマンド引数 デフォルト値
 profile-number  プロファイルの番号
 permit  一致するアドレスを許可
 deny  一致するアドレスを拒否
 start-group-address  マルチキャストグループ範囲を示す開始となるアドレス
 end-group-address  マルチキャストグループ範囲を示す終了となるアドレス
 interface-id  物理インターフェースを指定( SVIやRoutedのL3、EtherChannelは適用不可 )


 ◆ CatalystスイッチのGi1/0/1において「239.1.1.1 〜 239.1.1.10」までを含むIGMPメンバーシップレポートのみを受信

 Catalyst(config)# ip igmp profile 1
 
Catalyst(config-igmp-profile)# permit
 Catalyst(config-igmp-profile)# range 239.1.1.1 239.1.1.10

 Catalyst
(config)# interface GigabitEthernet 1/0/1
 Catalyst(config-if)# ip igmp filter 1


 ReceiverがルータにIGMPメンバーシップレポートを送信して、上記設定を行ったCatalystスイッチの
 Gi1/0/1ポートを通過する際に、この設定内容に基づいたIGMPパケットのフィルタリングが行われます。


 ip igmp filterの適用コマンドに「in・out」の適用方向の定義はありませんが、
着信に対して適用されます。
 下図の通り、Gi1/0/1に着信したIGMPパケット(IGMPメンバーシップレポート)を見て、許可されている
 マルチキャストグループの内容であるかを確認します。

 下図の通り「239.1.1.5」と「239.1.1.6」を受信できるReceiverがいて、IGMPメンバーシップレポートを
 送信すると「239.1.1.5」のIGMPパケットは許可されて、もう1つの「239.1.1.6」のIGMPパケットは拒否。


   


 なお、L2スイッチではなく、ルータでフィルタリングしたい場合には Gi0/0 のインターフェースにおいて
 「access-list 1 permit 239.1.1.5」を「ip igmp access-group 1」として適用すれば良いだけとなります。
 以上の内容通り、IGMPメンバーシップレポートのフィルタリング設定は、ルータでもスイッチでも行えます。



マルチキャスト - Ciscoコンフィグ設定

ネットワークエンジニアとして

Copyright (C) 2002-2019 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.