Multicast - IGMP Snooping Config



 ◆ IGMPスヌーピングの設定

 CatalystスイッチのおけるIGMPスヌーピングのデフォルトの設定は以下の通りです。

機能 デフォルト値
 IGMPスヌーピング  グローバル、およびVLAN単位でイネーブル
 マルチキャストルータの学習  PIM-DVMRP
 IGMPスヌーピング即時脱退  ディセーブル
 スタティックグループ  未設定
 TCNフラッドクエリーカウント  2
 TCNクエリー送信要求  ディセーブル
 IGMPスヌーピングクエリア  ディセーブル
 IGMPレポート抑制  イネーブル


 つまり、
デフォルトではIGMPスヌーピングは有効化されているので、オプション設定が不要である場合は
 IGMPスヌーピングの設定は特に必要ありません。無効化したい場合には以下のコマンドで設定を行います。
 以下のコマンド構文通り、IGMPスヌーピング機能はVLAN単位で有効、無効化の設定を行うことができます。

 (config)# [ no ] ip igmp snooping [ vlan vlan-id ]

 ◆ VLAN100でのみIGMPスヌーピングを無効化するための設定
 Catalyst(config)# no ip igmp snooping vlan 100



 IGMPスヌーピングが有効化されているかどうかの確認は
show ip igmp snoopingコマンドで確認できます。
 このコマンドには以下のようなオプションがあります。

show ip igmp snoopingコマンド デフォルト値
 show ip igmp snooping mrouter  マルチキャストルータが接続されているポート番号の確認
 show ip igmp snooping querier  IGMPクエリアが接続されているポートを確認
 show ip igmp snooping groups  IGMPスヌーピングを行っているマルチキャストグループの確認


 ◆ IGMPスヌーピングの設定 - IGMP即時離脱の有効化

 IGMP即時離脱を有効化すると、Catalystスイッチはポート上でIGMPv2のLeaveメッセージを検出した場合、
 当該ポートからのマルチキャストトラフィックの出力停止を速めることができます。

 (config)# ip igmp snooping vlan vlan-id
immediate-leave

 ◆ VLAN100で、IGMP即時離脱のイネーブルにする設定
 Catalyst(config)# ip igmp snooping vlan 100 immediate-leave




 ◆ IGMPスヌーピングの設定 - IGMP離脱タイマーの設定

 IGMP離脱タイマーの値(デフォルト値 1000ミリ秒)を変更したい場合は以下のコマンドで変更が可能です。
 グローバル単位またはVLAN単位で設定することが可能ですが、VLAN単位で設定した場合は、グローバルに
 設定した内容は上書きされます。前提として、本設定はIGMPv2が稼働するReceiverのみでサポートされます。

 ◆ グローバル単位の設定
 (config)# ip igmp snooping last-member-query-interval time

 
◆ VLAN単位の設定
 (config)#
ip igmp snooping vlan vlan-id last-member-query-interval time



 ◆ IGMPスヌーピングの設定 - IGMPレポート抑制のディセーブル

 IGMPレポート抑制はデフォルトで有効です。IGMPレポート抑制が有効な場合、スイッチはマルチキャスト
 ルータクエリーごとにIGMPレポートを1つだけ転送します。IGMPレポート抑制がディセーブルの場合には、
 全てのIGMPレポートがマルチキャストルータに転送されます。

 ◆ IGMPレポート抑制のディセーブル
 (config)#
no ip igmp snooping report-suppression



 ◆ IGMPスヌーピングの設定 - マルチキャストルータ ポートの学習

 Catalystスイッチは以下のいずれかの方法によって、マルチキャストルータ ポートを学習します。

 @ IGMPクエリー、PIMパケット、DVMRPパケットのスヌーピング(デフォルトの学習方式)
 A CGMPパケットの待ち受け
 B ip igmp snooping mrouterコマンドによるマルチキャストルータ ポートへのスタティック接続

 この値を変更したい場合は次のコマンドで設定変更します(この設定変更は一般的ではなく非推奨)

 (config)#
ip igmp snooping vlan vlan-id mrouter learn [ cgmp | pim-dvmrp ]

 ◆ PIMルータ ポートの学習方法 設定例1 - IGMPクエリー、PIMパケット、DVMRPパケットのスヌーピング(デフォルト値)
 Catalyst(config)# ip igmp snooping vlan 100 mrouter learn pim-dvmrp

 ◆ PIMルータ ポートの学習方法 設定例2 - CGMPパケットの待ち受け

 Catalyst(config)# ip igmp snooping vlan 100 mrouter learn pim-dvmrp


 ◆ PIMルータ ポートの学習方法 設定例3 - ip igmp snooping mrouterコマンドによるPIMルータポートへのスタティック接続
 Catalyst(config)# ip igmp snooping vlan 100 mrouter interface Gigabitethernet0/2




 ◆ IGMPスヌーピングの設定 - マルチキャストグループに参加するホストの静的な設定

 ホストまたはL2ポートは通常は動的にマルチキャストグループに参加しますが、インターフェース上に
 ホストを静的に設定することも可能です。

 (config)#
ip igmp snooping vlan vlan-id static ip-address interface interface-id

 ◆ Catalystスイッチのポート上のホストを静的に設定する例
 Catalyst(config)# ip igmp snooping vlan 100 static 239.1.1.5 interface gigabitethernet1/0/1



マルチキャスト - Ciscoコンフィグ設定

ネットワークエンジニアとして

Copyright (C) 2002-2019 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.