Multicast - RPF Config



 ◆ RPFインターフェースの設定

 RPFインターフェースは「マルチキャストを受信するインターフェース」です。このRPFインターフェースは
 ユニキャストのルーティングテーブルに基づいて自動的に決定するため、RPFインターフェースを手動で設定
 する必要はありませんが、意図した経路でマルチキャストトラフィックを受信したい時に
ip mrouteコマンド
 により、
特定のネットワークに対するRPFインターフェースを手動で設定することができます。

 例えば、下図の構成ではユニキャストルーティングテーブル上では「10.1.1.0/24」のネットワークに対する
 ネクストホップは2つ発生します。この場合はネクストホップが大きな値を持つ出力インターフェースをRPF
 インターフェースにするため「Gi0/2」がRPFインターフェースとなります。


     



 RPFインターフェースを「Gi0/2」ではなく「Gi0/1」にしたい場合には、ip mrouteコマンドを使用します。

 (config)#
ip mroute network mask ipaddress [ interface-id ]

機能 デフォルト値
 network  RPFインターフェースを指定するネットワークアドレス
 mask  サブネットマスク
 ipaddress  RPFインターフェース方向のネクストホップ
 interface-id  RPFインターフェース


 
◆ RPFインターフェースを「Gi0/1」にするための設定例(R2で設定)
 R2(config)# ip mroute 10.1.1.0 255.255.255.0 192.168.1.254



     




マルチキャスト - Ciscoコンフィグ設定

ネットワークエンジニアとして

Copyright (C) 2002-2019 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.