Multicast SSM Config



 ◆ PIM-SMの設定 - SSM

 PIM-SMにおいて、SSMを動作させるために先ずマルチキャストルーティングを有効化します。

 ◆ マルチキャストルーティングの有効化
 (config)# ip multicast-routing

 次に、インターフェースでPIM-SMを有効にします。

 
◆ マルチキャストパケットを転送させたいインターフェースでPIM-SMを有効化(Sparseモードか、Sparse-Denseモードで設定)
 (config)#
interface interface-id
 (config-if)#
ip pim sparse-mode | sparse-dense-mode


 PIM-SMの設定ではRPアドレスの設定が必須であると解説してきましたが、SSMではRPアドレスの設定は不要
 となります。SSMでは(*,G)エントリを作成せずに(S,G)エントリのみを作成して、SenderからReceiverへ
 マルチキャストパケットをルーティングします。



 次に、SSM有効化の設定をします。232.0.0.0/8(232.0.0.0 〜 232.255.255.255)の範囲でSSMを利用する
 場合は以下の設定をします。

 (config)#
ip pim ssm default

 232.0.0.0/8以外のマルチキャストアドレスをSSMとして使用したい場合「ip pim ssm range」を使用します。

 (config)#
access-list acl-number permit address
 (config)#
ip pim ssm range acl-number

 例えば、SSM用に「239.1.1.5」のマルチキャストアドレスを使用したい場合には、以下のように設定します。

 (config)# access-list 1 permit 239.1.1.5
 (config)#
ip pim ssm range 1


 次に、Receiverが存在するインターフェースでIGMPv3を有効化させます。

 
◆ IGMPv3の有効化
 (config)#
interface interface-id
 (config-if)#
ip igmp version 3


 ◆ PIM-SMの設定 - SSMの設定例

 下図の通り、SSMではReceiverがIGMPv3 Joinメッセージをラストホップルータへ送信することによって
 Senderまでの送信元ツリーが作成されることが分かります。

 01. ReceiverからラストホップルータへIGMPv3(S,G)Joinメッセージを送信
 02. ラストホップルータで(S,G)エントリを作成
 03. ラストホップルータから、Senderの方向に向かってPIM(S,G)Joinメッセージを送信


    



 R1(config)# ip multicast-routing

 R1(config)# interface GigabitEthernet0/0
 R1(config-if)# ip address 10.1.1.254 255.255.255.0
 R1(config-if)# ip pim sparse-mode

 R1(config)# interface GigabitEthernet0/2
 R1(config-if)# ip address 192.168.2.1 255.255.255.0
 R1(config-if)# ip pim sparse-mode

 R1(config)# interface GigabitEthernet0/3
 R1(config-if)# ip address 192.168.3.1 255.255.255.0
 R1(config-if)# ip pim sparse-mode


 R2(config)# ip multicast-routing

 R2(config)# interface GigabitEthernet0/1
 R2(config-if)# ip address 192.168.2.2 255.255.255.0
 R2(config-if)# ip pim sparse-mode

 R2(config)# interface GigabitEthernet0/2
 R2(config-if)# ip address 192.168.4.2 255.255.255.0
 R2(config-if)# ip pim sparse-mode


 R3(config)# ip multicast-routing

 R3(config)# interface GigabitEthernet0/0
 R3(config-if)# ip address 172.16.1.254 255.255.255.0
 R3(config-if)# ip pim sparse-mode
 R3(config-if)# ip igmp version 3
 R3(config-if)# ip igmp join-group 232.0.0.5 source 10.1.1.1


 R3(config)# interface GigabitEthernet0/1
 R3(config-if)# ip address 192.168.3.3 255.255.255.0
 R3(config-if)# ip pim sparse-mode

 R3(config)# interface GigabitEthernet0/2
 R3(config-if)# ip address 192.168.4.3 255.255.255.0
 R3(config-if)# ip pim sparse-mode

 R3(config)# ip pim ssm default


 R2で「show ip mroute 232.0.0.5」と入力して「Group 232.0.0.5 not found」と表示されることを確認
 しましょう。また、R3の接続するReceiverからIGMPv3を送信できない場合、以下の設定によりSenderを
 指定するようにしましょう ⇒ (config-if)#
ip igmp join-group 232.0.0.5 source 10.1.1.1



マルチキャスト - Ciscoコンフィグ設定

ネットワークエンジニアとして

Copyright (C) 2002-2019 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.