Multicast IP Address



 ◆ マルチキャストアドレス

 特定のグループを指定するアドレス、つまりマルチキャストアドレスについて詳細に解説していきます。
 マルチキャストアドレスではクラスDアドレス(224.0.0.0 〜 239.255.255.255)を使用します。この
 
マルチキャストアドレスは宛先アドレスとしてのみ使用され、送信元アドレスはユニキャストアドレスを
 使用します。なお、マルチキャストトラフィックはUDPを使用するので、マルチキャストトラフィックの
 信頼性を確保したい場合、それはアプリケーションやQoSで管理する必要があります。



 ◆ マルチキャストIPアドレスの構造

 マルチキャストのIPアドレスは、32ビットのうち第1オクテットのトップビット「
1110」を使用しますが、
 残りの28ビットはクラスA 〜 C のように階層構造となっておらず、残りは
マルチキャストのグループID
 識別するのに使用されます。


    



 ◆ マルチキャストIPアドレスの管理

 マルチキャストアドレスは、マルチキャストパケットを送信するスコープ(範囲)により3つに分類されます。

種類 アドレス範囲 説明
リンクローカル 224.0.0.0 〜 224.0.0.255


 同一セグメント上で使用するアドレス。この範囲のアドレスは
 通常、TTL値「1」で送信されるため、ルータで転送されない。

グローバルスコープ 224.0.1.0 〜 238.255.255.255


 企業が、組織間やインターネットで使用するためのアドレス。
 アプリケーションは、アドレスの一部をICANNで予約して使用。

プライベートスコープ 239.0.0.0 〜 239.255.255.255


 企業が、組織内で使用するためのアドレス。
 「239.0.0.0/24」と「239.128.0.0/24」は使用しない事が推奨。




 ◆ マルチキャストIPアドレスの管理 - 予約済みリンクローカルアドレス

 マルチキャストのアドレスの割り当ては ICANN により管理されています。マルチキャストアドレスは、動的
 または静的に割り当てることが可能です。動的なマルチキャストの割り当ては、マルチメディアのアプリケー
 ションがオンデマンドで割り当てます。静的に割り当てられた「Well-Knownアドレス」には以下があります。

マルチキャストアドレス 対象
224.0.0.1  サブネット上の全てのマルチキャスト対応のホスト
224.0.0.2  サブネット上の全てのマルチキャスト対応のルータ
224.0.0.5  全てのOSPFルータ
224.0.0.6  全てのOSPF DR/BDRルータ
224.0.0.9  全てのRIPv2ルータ
224.0.0.10  全てのEIGRPルータ
224.0.0.13  全てのPIMルータ
224.0.0.18  全てのVRRPルータ



マルチキャストの技術解説

ネットワークエンジニアとして

Copyright (C) 2002-2019 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.