IGMP ( Internet Group Management Protocol )



 ◆ IGMPとは

 IGMPは、ホスト(Receiver)がルータ(ラストホップルータ)に対して、マルチキャストグループへの
 
参加、維持、離脱を通知するためのプロトコルです。IGMPにより、マルチキャストルータはLAN上での
 どのホストがマルチキャストグループのメンバー(Receiver)であるか判断することが出来ます。そして
 ホストは自分がどのマルチキャストグループのメンバーであるのかを通知できます。下図の青が範囲です。


  



 Receiverが、自身のマルチキャストグループへの参加をIGMPにより、ラストホップルータに通知することで
 ラストホップルータはReceiverの存在を認識して、PIM等のマルチキャストルーティングプロトコルと連携を
 行ってディストリビューションツリーを作成して、マルチキャストパケットがReceiverへ届くようになります。

 なお、一般的でありませんが、マルチキャストのSenderとReceiverが同一セグメントに配置されている場合
 Senderがマルチキャストフレームをフラッディングするだけで、Receiverが受信できてマルチキャスト通信
 を成立させられるので、当然ですが「マルチキャストルーティングプロトコル」も「IGMP」も必要ないです。


 IGMPには、IGMPv1、IGMPv2、IGMPv3の大きく3つのバージョンがあります。バージョンごとに、動作が
 
異なるため、次ページ以降では各バージョンごとのIGMPの動作について解説します。



マルチキャストの技術解説

ネットワークエンジニアとして

Copyright (C) 2002-2019 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.