IGMPv3



 ◆ IGMPv3

 IGMPはIPでカプセル化されており、IPプロトコル番号は「2」です。IGMPv3のフォーマットは以下です。

 IGMPv3の場合、IGMPメンバーシップクエリーと、IGMPメンバーシップレポートとではフォーマットが
 大きく異なるので、分けて解説します。


   

フィールド ビット 内容(値)
タイプ 8ビット  メンバーシップクエリー( 0x11 )
最大応答時間 8ビット  クエリーを受信後にレポートを返すまでの最大応答時間(100 = 10秒)
チェックサム 16ビット  パケットの完全性を確認するために使用( 0 )
グループアドレス 32ビット  ジェネラルクエリーの場合は 0.0.0.0


 グループスペシフィッククエリーとグループソーススペシフィッククエリーの場合
 マルチキャストアドレス

Resv 4ビット  送信時に 0 にセットされ、受信時は無視される(0)
S 1ビット  クエリーメッセージの受信後に通常のタイマー更新を実行しない(0)
QRV 3ビット  Querier Robustness Value。タイマーと再試行の回数に影響を及ぼす。
QQIC 16ビット  Qurier's Query Interval Code。クエリアが使用するクエリインターバルを指定。
送信元の数 16ビット  クエリー内の送信元IPアドレスの数
送信元アドレス 32ビット  送信元のIPアドレス



   


フィールド ビット 内容(値)
タイプ 8ビット  メンバーシップレポート( 0x22 )
予約 8ビット  送信時に 0 にセットされ、受信時は無視される(0)
チェックサム 16ビット  パケットの完全性を確認するために使用( 0 )
予約 16ビット  送信時に 0 にセットされ、受信時は無視される(0)
グループレコードの数 16ビット  レポートに含まれているグループレコードの数
グループレコード -  マルチキャストグループの送信元のメンバーシップに関する情報

フィールド ビット 内容(値)
レコードタイプ 8ビット  1:MODE_IS_INCLUDE、2:MODE_IS_EXCLUDE
補助データ長 8ビット  送信時に 0 にセットされ、受信時は無視される(0)
送信元の数 16ビット  グループレコードに含まれる送信元の数
マルチキャストアドレス 32ビット  グループレコードに関連するマルチキャストアドレス
送信元アドレス -  送信元のIPアドレス
補助データ -  グループレコードに関連する追加のデータ


 ◆ IGMPv3の動作

 IGMPv1とIGMPv2では、Receiverがマルチキャストグループに参加する時、IGMPメンバーシップレポート
 には参加するマルチキャストグループアドレスのみを指定していました。IGMPv3では、Joinメッセージを
 送信する際にマルチキャストグループアドレスだけではなく「
送信元」を指定することができます。これに
 より、不正なマルチキャストのSenderからのトラフィックを受信することを防ぐことができます。


  



 IGMPv3における送信元IPアドレスを指定したマルチキャストパケットの受信を
ソースフィルタと呼びます。
 ソースフィルタには、以下の2つのフィルターモードがあります。IGMPv3は、IGMPv2でのマルチキャスト
 グループの参加、維持、離脱の動作に加えてフィルターモードが追加されていることをまず理解しましょう。

フィルターモード 説明
INCLUDEモード  指定した送信元IPアドレスから送信されるマルチキャストパケットのみ受信
EXCLUDEモード  指定した送信元IPアドレス以外から送信されるマルチキャストパケットのみ受信



マルチキャストの技術解説

ネットワークエンジニアとして

Copyright (C) 2002-2019 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.