IGMP Snooping



 ◆ IGMPスヌーピングとは

 IGMPスヌーピングとは、
IGMP Joinメッセージを盗み見(スヌーピング)することにより、参加したい
 マルチキャストグループのアドレスを識別して、どのスイッチポートにどのマルチキャストグループの
 Receiverがいるのか認識できることから、適切にマルチキャストパケットを転送できる機能のことです。

 IGMPスヌーピング機能の必要性を理解するために、まずスイッチのデフォルトの動作を見てみましょう。



 ◆ フラッディングするL2スイッチの問題

 L2スイッチのデフォルト設定では、ブロードキャストフレーム同様にマルチキャストフレームを同一の
 セグメント上の全てのポートにフラッディングするので、
無駄なトラフィックが発生してしまいます。

 下図で、192.168.0.13 が「239.1.1.5」のマルチキャストパケットが欲しいとIGMP Joinメッセージを
 通知したとします。ルータは 192.168.0.0/24 のセグメントに「239.1.1.5」のマルチキャストパケット
 が必要なReceiverがいると認識して、239.1.1.5 宛てにパケットを送信します。スイッチは宛先MACを
 みて「01-00-5E-01-01-05」のMACアドレスのエントリがないかどうかをすべてのポートを調べます。
 そのようなMACアドレスはキャッシュされていないので、全スイッチポートにフラッディングさせます。


   


 ◆ IGMPスヌーピングの機能

 IGMPスヌーピング機能を利用することで、ホストが
IGMP Joinメッセージ(メンバーシップレポート)を
 送信する際にパケットを
のぞき見(スヌーピング)します。そして、L2スイッチは「01-00-5E」で始まる
 マルチキャストIPアドレスに対応したマルチキャストMACアドレスをMACアドレステーブルに登録します。


   


 L2スイッチは本来はイーサネットフレームのヘッダだけを見て転送処理しますが、IGMPスヌーピング機能
 を有効化することで、IGMP Joinメッセージ(メンバーシップレポート)を見て、それぞれのホストが参加
 するマルチキャストグループに参加するか分かり、MACアドレステーブルに登録できるようになります。
 その結果、マルチキャストフレームを必要とするReceiverにのみへフレームを転送できるようになります。



マルチキャストの技術解説

ネットワークエンジニアとして

Copyright (C) 2002-2019 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.