PIM-DM



 ◆ PIM-DMとは

 PIM-DM(Protocol-Independent Multicast Dense Mode)は、Denseモードのマルチキャストルーティング
 プロトコルです。PIM-DMのディストリビューションツリーは
Flood & Prune によって作成されていきます。
 PIM-DMはDenseモードのマルチキャストルーティングプロトコルであることから
送信元ツリーを使用します。

 PIM-DMでは、先ずマルチキャストトラフィックは隣接するPIMネイバーにフラッディング(Flood)されます。
 次に、マルチキャストルータにPIMネイバーが存在せず、マルチキャストグループのメンバーも存在しない場合
 Pruneメッセージが送信されます。Pruneメッセージを受信したルータは、そのインターフェースからの不要な
 マルチキャスト転送を止めます(Prune)。PIM-DMでは定期的に(180秒ごと)にFlood & Pruneを続けます。


   



 上図の Flood & Prune の結果、最終的に下図のディストリビューションツリーとなります。もちろん、
 180秒後に再度、Flood & Prune が行われて、Receiverの位置状況に応じてツリーの形状が変わります。


   



 PIM-DMで、Prune状態となったインターフェースは180秒間はマルチキャストパケットは送信されませんが
 Receiverが接続されてIGMPメンバーシップレポートを受信したルータは、上流となるPIMネイバーに対して
 
PIM Graftメッセージを送信して、上流のPIMネイバーのPrune状態を解除することができます。それにより
 Prune状態の解除(180秒間)を待つことなくマルチキャストパケットをルーティングできるようになります。


 ◆ ( S,G )と( *,G )に含まれる2つの情報

 先ず、Senderがマルチキャストパケットをファーストホップルータへ送信すると、ファーストホップルータで
 そのマルチキャストパケットに対応した
(S,G)で表示される送信元ツリーを作成します。「S」はSenderの
 IPアドレス、「G」はマルチキャストグループのIPアドレスのことです。Ciscoルータでは(S,G)エントリが
 作成される際にそのテンプレートとして(*,G)エントリも自動的に作成されます。この(S,G)と(*,G)に
 大きく以下の2つの情報(RPF情報、OIL情報)が含まれます。

(S,G)と(*,G)エントリに含まれる情報 説明
 RPF(Reverse Path Forwarding)情報  マルチキャストを受信するインターフェースの情報
 OIL(Outgoing Interface List)情報  マルチキャストを転送するインターフェースの情報


 ・ RPF情報( Incoming Interface情報 )
 Incoming Interface情報は
マルチキャストが着信してくるインターフェースの情報です。SenderのIPアドレス
 に対するRPFインターフェースが登録されます。RPF情報はユニキャストのルーティングテーブルから決定。

 ・ OIL情報( Outgoing Interface情報 )
 Outgoing Interface情報は
マルチキャストを転送していくインターフェースの情報です。RPFチェックに
 成功したマルチキャストパケットは、OIL情報にあるすべてのインターフェースへフラッディングされます。


 ディストリビューションツリーは show ip mroute で確認できます。その見方は以下の通りです。以下では
 Sender(10.1.1.1)からReceiver(239.1.1.5)にマルチキャストパケットを送信している時のステータス。

  



マルチキャストの技術解説

ネットワークエンジニアとして

Copyright (C) 2002-2019 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.