PIM-DM (*, G)



 ◆ PIM-DM -(S,G)と(*,G)エントリ

 Ciscoルータではディストリビューションツリーは、show ip mrouteコマンドにより確認できます。その
 ディストリビューションツリーのエントリには以下の2種類があります。エントリ(*, G)が共有ツリーを
 表すことから、送信元ツリーを使用するPIM-DMでは使用されないように思えますが、PIM-DMにおいては、
 エントリ(*, G)は共有ツリーを表すのではなくて、
(S,G)エントリのテンプレートとして使用されます。

エントリ 説明
( *,G )  「*」は any であり「G」はマルチキャストグループ。PIM-DMでは(S,G)のテンプレートとして使用。
( S,G )  「S」はSenderのIPアドレスであり「G」はマルチキャストグループ。PIM-DMの送信元ツリーとして使用。




 ◆ PIM-DMのディストリビューションツリーで作成された(*, G)エントリの内容

 @ PIM-DMでは(*, G)エントリは以下のいずれかの条件が発生した時に
自動的に作成されます。
 ・ 最初の(S,G)エントリが作成される時
 ・ ReceiverからIGMPメンバーシップレポートを受信した時

 A RPF情報

 ・ Incoming Interface:
Null
 ・ RPF nbr:
0.0.0.0

 B OIL情報:Outgoing Interface には、以下に該当する全てのインターフェースが追加されます。
 ・ PIMネイバーとなるインターフェース
 ・ 
Receiverが存在するインターフェース
 ・ 
ip igmp join-group や ip igmp static-group が設定されているインターフェース


 PIM-DMにおける(*,G)エントリは、(S,G)エントリのテンプレートとしてだけ使用されるため、実際の
 マルチキャストパケットのルーティングのためには使用されません。PIM-DMでは、マルチキャストパケット
 転送のために使用するのは(S,G)エントリです。

 この(S,G)エントリは、テンプレートの(*,G)エントリからOIL情報を引き継ぐという動作仕様の観点から
 先に(*,G)エントリが作成されて、次に(S,G)エントリが作成されます。と言っても、これら2つは一瞬で
 作成されるため、人が見る分には同時に作成されているように見えます。



マルチキャストの技術解説

ネットワークエンジニアとして

Copyright (C) 2002-2019 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.