PIM-DM - PIM Assert



 ◆ PIM Asseertとは

 PIM Assertは、同一セグメント上で複数のPIMルータがいる時に
マルチキャストパケットの重複を防止する
 ための機能のことです。先ずマルチキャストパケットが重複してしまう問題点を解説して、次にPIM Assert
 のメカニズムを解説していきます。



 ◆ PIM-DM - マルチキャストパケット重複の問題点

 下図において、R1のGi0/0とR2のGi0/0に着信したマルチキャストパケットは、RPFチェックが成功した後
 Gi0/1 にマルチキャストパケットをフラッディングします。その結果、R3では、R1とR2から着信してきた
 両方のマルチキャストパケットをReceiverへフラッディングするため、Receiver側のアプリケーションで
 パケットの重複を適切に処理できない場合は、マルチキャスト通信が正常に行われない可能性があります。


   


 このような問題が発生しないように、PIMでは「
PIM Assert」という仕組みが標準で実装されています。


 ◆ PIM Assertの仕組み

 上図で、マルチキャストパケットの重複を検知したPIMルータは「
PIM Assertメッセージ」を送信します。
 PIM Assertメッセージには、以下の情報が含まれています。

 @ SenderのIPアドレス
 A マルチキャストグループアドレス
 B SenderのIPアドレスに到達するためのdistanceとmetric

 R1とR2がPIM Assertメッセージが交換した後、Bの値を比較して
小さい値を持つルータがAssert Winner
 と呼ばれるルータになり、そのセグメントのマルチキャストパケットを転送する役割を持つようになります。
 要するに、Senderに近いルータであるかを比較しているのですが、このBの値が同じである場合は該当する
 インターフェース( Gi0/0 )の
IPアドレスの値を比較して、大きな値を持つ方がAssert Winnerになります。


  



 Asser Winnerとなったルータだけがマルチキャストパケットをフラッディングして、Assert Loserの方は
 そのインターフェースを「 Prune 」状態にして、マルチキャストパケットを転送しないようになります。
 その結果、Receiverは重複したマルチキャストパケットを受信するようなことなく正常に通信ができます。


   



マルチキャストの技術解説

ネットワークエンジニアとして

Copyright (C) 2002-2019 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.