PIM-DM - PIM State Refresh



 ◆ PIM-DM - State Refresh機能

 PIM-DMの180秒ごとのマルチキャストのフラッディングを防止するために
State Refresh機能という機能が
 デフォルトで有効になっています。初回のFlood & Pruneにより各ルータで(S,G)エントリが作成された後
 Senderが接続しているルータから60秒ごとにPIM State Refreshメッセージを送信することにより、それを
 受信したルータは該当する(S,G)エントリの以下のExpireタイマー(180秒)がリセットされます。

 ・ (S,G)エントリ自身のExpireタイマー(180秒)
 ・ (S,G)内にあるPrune状態のOutgoing InterfaceのExpireタイマー(180秒)



  


 ※ State Refreshメッセージによる(S,G)エントリ状態の保持は、Senderがマルチキャストをアクティブに送信していることが前提

 これによって
180秒ごとのフラッディングは防止されて、60秒ごとのPIM State Refreshメッセージだけで
 PIM-DMのディストリビューションツリーを維持します。当然ながら、新しくReceiverが接続された場合には
 PIM Graftメッセージによって、上流のPIMネイバーのI/FのPruneが解除されてマルチキャスト通信できます。



マルチキャストの技術解説

ネットワークエンジニアとして

Copyright (C) 2002-2019 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.