PIM-SM - PIM Neighbor



 ◆ PIM-SMの仕組み - PIMネイバーの検出

 PIMには、PIMv1とPIMv2がありますが、一般的に使用されているPIMv2の動作について解説していきます。
 CiscoルータでPIM-DMを有効化した場合、先ずPIMネイバーを検出して、PIMネイバーを確立していきます。


 ルータのインターフェースでPIM-SMを有効化すると、そのインターフェースからは
PIM Helloメッセージ
 送信されるようになります。PIM Helloメッセージは、宛先IPアドレスが
224.0.0.13(ALL-PIM-Routers)で
 あり、同一セグメント上のすべてのPIMルータに
30秒ごとに送信されます。


    


 PIMを有効化するインターフェースは、ルータ間だけでなく、SenderやRecevierが接続されているI/Fを
 含めて
マルチキャストパケットの通り道となる全てのインターフェースで有効化させる必要があります。

 なおLANなどのマルチアクセスネットワークではPIM DRが選出されます。選出基準は以下の通りです。

 選出基準1:PIMのDRプライオリティ値が最も大きいルータ
 選出基準2:IPアドレスが最も大きいルータ


 PIM DRに選出されたルータは、マルチアクセスネットワークで代表で以下の動作を担うことになります。
 これらのメッセージはPIM-SMで送信元ツリーや共有ツリーを作成する際に使用されるPIMパケットです。

 ・ PIM Joinメッセージの送信
 ・ PIM Registerメッセージの送信



マルチキャストの技術解説

ネットワークエンジニアとして

Copyright (C) 2002-2019 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.