PIM-SM (*, G)



 ◆ PIM-DM -(S,G)と(*,G)エントリ

 Ciscoルータではディストリビューションツリーは、show ip mrouteコマンドによって確認できます。その
 ディストリビューションツリーのエントリには、大きく以下の2種類があります。

エントリ 説明
( *,G )  「*」は any であり「G」はマルチキャストグループ。PIM-SMの共有ツリーとして使用。
( S,G )  「S」はSenderのIPアドレスであり「G」はマルチキャストグループ。PIM-SMの送信元ツリーとして使用。




 ◆ PIM-SM - (*, G)エントリの内容

 PIM-SMの(*,G)エントリは、show ip mrouteで確認すると「S」フラグが付加されています。また、
 マルチキャストグループに対するRPアドレスの情報が記載されています。

 @ PIM-SMでは(*, G)エントリは以下のいずれかの条件が発生した時に
自動的に作成されます。
 ・ 最初の( S,G )エントリが作成された時
 ・ ReceiverからIGMPメンバーシップレポートを受信した時
 ・ PIM(*,G)Joinメッセージを受信した時

 A RPF情報
 ・ Incoming Interface:RPのIPアドレスへの
最短経路のインターフェース
 ・ RPF nbr:Incoming Interfaceの方向の
PIMネイバーのIPアドレス
 ・ RPでは、Incoming Interface のステータスは「 Null 」となり、RPF nbrは「 0.0.0.0

 B OIL情報:Outgoing Interface には、以下に該当する全てのインターフェースが追加されます。
 ・ PIM(*,G)Joinメッセージを受信したインターフェース
 ・ 
Receiverが存在するインターフェース
 ・ 
ip igmp join-group や ip igmp static-group が設定されているインターフェース


 ◆ PIM( *, G )Joinメッセージ

 ReceiverからIGMPメンバーシップレポートを受信したルータでは(*,G)エントリを作成するという動作は
 PIM-DM、PIM-SMでも共通の動作です。その違いとして、PIM-SMではこの後に
PIM(*,G)Joinメッセージ
 をRPの方向へ向かって送信していきます。PIM(*,G)Joinメッセージを受信したルータでは(*,G)エントリ
 が作成されていきます。


   


 PIM-DMでは(*,G)エントリのOILには、PIMネイバーのインターフェースが登録されているのに対して
 PIM-SMでは(*,G)エントリのOILには、PIM(*,G)Joinメッセージを受信したインターフェースが登録
 されます。PIM-SMでは、マルチキャストのフラッディングではなくPIM(*,G)Joinメッセージによって
 明示的(explicit)に要求されたインターフェースに対してのみ、マルチキャストパケットが転送されます。



マルチキャストの技術解説

ネットワークエンジニアとして

Copyright (C) 2002-2019 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.