PIM-SM - Distribution Tree SPT Switchover



 ◆ PIM-SM - ディストリビューションツリー作成の流れ( スイッチオーバー機能の有効時 )

 PIM-SMにおいて、ディストリビューションツリーがどのように作成されていくのかを見ていきます。
 この記事では、ラストホップルータでスイッチオーバー機能を有効化している前提の内容となります。

 ・ R1、R2、R3は「R2が239.1.1.5のマルチキャストグループのRP」であることを認識しています。
 ・ show ip mroute上で表示される「239.255.255.250」と「224.0.1.40」のアドレスは省略します。



   




 ◆ PIM-SM - ディストリビューションツリー作成の流れ(共有ツリーの作成)

 以下の内容どおり、Senderからマルチキャストパケットを送信していない状態では、スイッチオーバー機能
 の無効化、有効化に関係なく、その動作とステータスはほとんど変わりありませんが、R3の(*,G)エントリ
 のフラグの内容が異なる点だけ認識しておきましょう。
Jフラグがセットされています。

 @ Receiverから、
IGMP Joinメッセージ(IGMPメンバーシップレポート)をルータへ送信します。

 A R3のマルチキャストルーティングテーブルには
( *, 239.1.1.5 )のエントリが作成されます。
 ※ 現時点では、Senderからマルチキャストのデータ送信は行っていません。

 

 B R3はRPまでの共有ツリーを作成するために、R3のマルチキャストルーティングテーブルのRPF nbrで
   指定されているIPアドレス(R2のIPアドレス)へ、
PIM(*,239.1.1.5)Joinメッセージを送信します。


   


 C PIM(*,239.1.1.5)Joinメッセージを受信したR2(RP)は(*,239.1.1.5)エントリを作成します。

 


 D これで(*,239.1.1.5)の共有ツリーは完成です(現時点でR1は239.1.1.5に関しては学習していません)


 ◆ PIM-SM - ディストリビューションツリー作成の流れ(送信元ツリーの作成)

 送信元ツリー作成の流れも、前回の解説同様の同じ動作となりますが、ラストホップルータがマルチキャスト
 トラフィックを受信し始めるとスイッチオーバーが発生して、最短経路でマルチキャストパケットを転送する
 ようになります。


   


 以下は、R1、R2、R3の最終的なディストリビューションツリーの状態です。

  



マルチキャストの技術解説

ネットワークエンジニアとして

Copyright (C) 2002-2019 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.