PIM-SM - Auto-RP



 ◆ RPの定義方法

 PIM-SMにおいて、マルチキャストトラフィックを転送する上でRPの定義は必ず必要になります。RPを定義
 する方法は以下の3つがあります。スタティックに定義する場合は「ip pim rp-address」コマンドによって
 マルチキャストグループごとに静的に定義する手法です。ダイナミックな定義ではマルチキャストグループ
 とRP間のマッピングを動的に定義する手法です。

 ・ スタティックの定義:
Static RP
 ・ ダイナミックの定義:
Auto-RP(Cisco独自)BSR(標準化)

 Static RP、Auto-RP、BSRに共通する重要な点として、
RPはマルチキャストグループごとに設定するという
 点を認識しておきましょう( マルチキャストアドレスごとに異なるIPアドレスのRPを定義できるということ )

 小規模なネットワークならシンプルな実装のスタティックRPが適しています。大規模なネットワークの場合、
 ダイナミックに定義するAuto-RPやBSRが適しています。マルチキャストグループが多くなっても設定や管理
 を適正に行えるだけでなく、RPの冗長化の観点からも適しているからです。



 ◆ Auto-RP

 Auto RPでは、先ずはCiscoルータに
RP Candidate(RPにしたいルータ)を設定します。RP Candidateは、
 自分がRPになりたい!というメッセージである
RP-Announceメッセージを定期的(60秒ごと)に送信します。
 RP-Announceメッセージは224.0.1.39(
Cisco-RP-Announce)宛てに送信されます。

 次に、Ciscoルータに
RP Mapping Agentを設定します。RP Mapping AgentがRP-Announceメッセージを
 受信してマルチキャストアドレスごとのRPアドレスを決定します。その決定した情報を全てのPIMルータに
 224.0.1.40(
Cisco-RP-Discovery)宛てに送信されます。CiscoルータがダイナミックにRPアドレスを学習
 できるように、デフォルトの仕様として、
Cisco-RP-Discoveryのマルチキャストグループに参加しています。


     


 R1とR2をRP Candidateとして設定し、R3をRP Mapping Agentとして設定します。R1とR2はマルチキャスト
 グループ(239.1.1.5)のRPになりたいとします。R1とR2は、それをRP-Announceメッセージで送信します。
 R3は「239.1.1.5 のRPは 10.0.0.1と10.0.0.2」として認識します。1つのマルチキャストグループに対して、
 複数の候補が存在する場合、
最も大きなIPアドレスを持つルータをRP Candidateとして選出します。その結果
 R3は「239.1.1.5 のRPは 10.0.0.2」として、PIMルータに対してRP Discoveryメッセージとして送信します。


    


Auto-RPで使用するアドレス 説明
224.0.1.39( Cisco-RP-Announce )  RP CandidateからRP Mapping Agentへ送信されるRP Announceメッセージ
224.0.1.40( Cisco-RP-Discovery )  RP Mapping Agenetからマルチキャストルータへ送信されるRP Discoveryメッセージ


 なお、1つのルータを「RP Candidate」兼「RP Mapping Agent」としてコンフィグ設定することも可能です。



マルチキャストの技術解説

ネットワークエンジニアとして

Copyright (C) 2002-2019 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.